FC2ブログ

自分の好きなやる夫のまとめ

   自分の気に入りのスレをまとめるブログです
カテゴリー  [ やる夫が深夜を駆け抜けるようです ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第19話


677 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:17:23 ID:GFQOoLo2





           やる夫は深夜を駆け抜けるようです
             第19話「ネコソギラジカル 前編」

推奨BGIM→http://www.nicovideo.jp/watch/sm408796?mypage_history

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第18話


553 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/06/07(月) 20:10:09 ID:/257x5Ug





                 イマ
           やる夫は深夜を駆け抜けるようです
              第18話「澪のいる生活」

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第17話


444 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/06/06(日) 20:30:54 ID:0n2rRO0E





            イマ
      やる夫が深夜を駆け抜けるようです
           
           第17話「紅美鈴」


続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 短編


414 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:29:48 ID:0n2rRO0E

            /:::::::::::::::::;′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶.:.:.:.:.:\:\
          '::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:|/ .:.:.:.:.:. ト、:.:.:\:.:.:.:.:.';:. !
        i:::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:|.:.:. :.:.:.:|.:| l\´:.\ :.:|:.:|
        |:::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:|:.:.l :.:.:,'|.:| i  ヽ_斗j:」.::|
        |:::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:|:.:.|.:.:/ |.:| i  ィiハノ|::.:.:|
        |:::::::::::::::::::::| :.::.::.:.:.:.:|:.:」斗=ミ|    ヒソ ト :::|    なあやる夫。非常に言いにくい事があるんだが
        |:::::::::::::::::::::| :::.:.:.:.:.:.:レィ'_)i::ハ       ´ { Ⅵ
        |:::::::::::::::::::∧ :::::.:.:.:.:| 代辷ソ     、 '' }
        |::::∧:::::::::{.(丁 ::\}  ,, ´        /
        |::::{ ';::::::::::`ー|:::::::.:.:|        ' ’ /
        |::::l  |:::::::::::::::::::::::.:.:.ト          /|
        |::::|  |::::::::::::::::::::::::..:.:∨_` ーr:::-イ:: !
        |::::|ヽ |:::::::::::::::人::::::.:.:.∨  \∧、 ::!:::.|
        |::::| '.| :::::::::::/ ヽ ::::::.:.:\  T^ヘ:::::八
        ヽ i  | :::::::::;′  '、:.:.:::.:.:.:\_」\_∨::.:'、
          }:|  |:::::::::::     \ :.:.:.:.:.:ヽ{  ヽ\:.:ヽ
            j {  |::::::::::i       ̄`\:.:.\ ト、_}\〉
            |::i  |::::::::::|             \:.:.Ⅵ |\\
            |::l  |::::::::::|      /⌒ヽ |:.:.| |__厂o 〉



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    いまさら澪がどんなお願いしたところで驚かないお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      一体なんだお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /




続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第16話


363 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/06/04(金) 16:41:57 ID:jN4liHV6

                     -──‐-
                ....::´::.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.丶
                 /::::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\
               .::::.:::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
               /::::.:::/::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..
                /::::.::::.:7::.::.::./::.:/::./::.::.::.::.::./::.::.::..::.::.ヽ
            /::::.::::.::/::.::./::.:/::.:/:::/:::/ |::.::.::.l::.::.:.:.',    やる夫!おまえ私のキュリオスのプラモに
              /::::.::::.::/::./::.:/::.:/:::/:::/  |::.::.::.|::.::.}::.:}
          /::::.::::.::/:::〃://::.:/、_∠::.イ   ノ}:.∧ノ::.:∧:.|    なんて事してくれたんだ!
           /::::.::::.:: l:::/:|:/::{/        /ゝ/_ノ-イ }:ノ
            /::::.::::.::::.:|/:: |{::l::{とう≠ミx、       /::.:.|
        /::::.::::.::::.::::.::::.::::八|         x==c〈:::.:/
          /::::.:::/::::.::::.::::.::::爪  """    、   /lハ/
       /::::.:::/::::.::::./::::.::/::.:|ヽ   __     ""/::|
.      /::::.::::.::::.::::.::::.::::.::::.:::ノ  \   ` '   イ::.卜
.    /::::/::::.::::.::/::::∠l/    丶、__ .. <:/:::.::|::.\
.   /::::/::::.::::/7::::.':ヽ{   ヽ   / >ー<7::::.::.|ヽ::.::.',
  /::::.〃:/::::.::/: ./::::/}::::| \ _     _  }}:::.::./ ハ::.::}
  /:::://:/::::.: /: ./::::.:| |::::l: . : \  ヽ   /  /:/::.::./: . : l::.::|
 {::::.{ {/::::.:::/: . |::::.:::| |::::|: . : . : \___/ : ./::.::./ : . : |::./
  ヽ::∨::::.::/ : . :|::::.:::| |::::l: . : . : .', : . : . : . : /::.::. ' . : . : ∨
   〉}::::.〈´ ̄`ヽ::: 乂::ノ: . : . : . ' : . : /:/::.::.//: . : . : . }



            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \      わ、悪かったお……
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:    掃除してたら掃除機が当たって脚のエッジが折れたという
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ      事故なんだお
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /


続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです  第15話


302 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/06/01(火) 22:53:56 ID:UVczPEOw
敢えて叫ぶ

愛国者達の正体はゼロ少佐
シギントはダーバ局長、パラメディックはクラーク博士
オセロットはリキッドに乗っ取られたフリをしているだけ。愛国者に対抗するために、ソリダスをだましてGWとソリダスの遺体を手に入れた

309 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/06/02(水) 17:26:50 ID:3jLQKB7.

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとはPWの大会に出たいんだお……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも4人組じゃないと出られないんだお……
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /

 
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だからここにいるみんなに布教して一緒に出てもらうお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第14話


255 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/06/01(火) 21:32:14 ID:UVczPEOw





                  イマ
           やる夫が深夜を駆け抜けるようです

              第14話「やる夫の大学生活」

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第13話


106 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/05/31(月) 20:24:55 ID:SIoNKnCk





                  イマ
           やる夫が深夜を駆け抜けるようです

              第13話「妹王」


続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第12話


14 名前:深夜の紳士 ◆xyVXGPayKY[] 投稿日:2010/05/27(木) 19:55:35 ID:bQHi/xbQ
          .  -―‐‐-
       '´::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  .   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
    |::::::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    俺の方が撫子より出番少なくね?
    !::::::::::ゝノ  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    i:::::::/{:::‐ト  |/i::::::::::::::::::::::::::::|
     !:::/ ゙ー'゙   |::::::::::::::::::::::::::ヽ l
     ∨゙   、,、__, |:::/|:::ノ:::::::::::::::`ツ
   、__ノ> 、 ......... |/ |/ヽ:::::::::レル
    ≧:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::_トNィリ
     ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ..ノ                              ,. -─-- .._
                                             ,..:':´:.:.:.:./:`丶:.:.:`ヽ
                                            /─ ':.:.:.:.:.:.`ヽ:.ヘ\:.:.:.:\
                       私に言われても…… .       /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.\:.:.ヘ、:ヽ:.:.:.ハ
                                          /:.:./:.:.、:.:.:.\:.\-‐\ヘХ',:.:.:.ハ
                                          l:.:.:l:.:.:.l \:.:ヽ\ヾ__\Vマ:.j:.:.:.:.|
                                          |:.:.:|::l:.,lr  \:ヽ fて心l:リ:.:|:.:.:.:.!
                                     ,、   i`! .|:.:.:|:.l:.:lィf圷 `  マェゾ/:.:リ:.:.:.:.l
                                     ヽ`ー l !:.:.j∧:ヾマrリ    xx/::.:/i:.:.:./i!
                                     r'   l〉.l:.:.:l:./:Vヘxx  ' _ u /:.//:.:./ '
                                     l_j'TTTiヽV:.j':.l:.:.:.:.トy≦   `ヽ/イ/.イ!、_
                                     /´ ̄ ̄`i V:.lW V/      .l:l `ト 、! ! !
                                     l.    / Vj ./        l:l    \j
                                     |    l  /             l:l     \
                                     |   丶Y"        .斗'  l:l      iヽ
                                     |            <´    _j:|       l:l ハ
                                     j         イ: : :`ー─ ´: : :≧---..、 l:l /
                                    . V     ,. ´  ヽ: :/: : : : : : : :.!: : : : : : !:.Y`ヽ


続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第11話


977 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/27(木) 09:04:26 ID:bQHi/xbQ
そろそろ残り少ないので埋めネタ短編つくる
誰の話か>>978

978 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/05/27(木) 09:12:35 ID:eeGLjdj6
美琴

979 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/27(木) 11:10:49 ID:bQHi/xbQ




                 イマ
           やる夫が深夜を駆け抜けるようです

            第11話「とあるやる夫の陸上指導」



                                              ,,.  ´ ̄ ̄     、
                                             /            \
                                            ´    l         l ヽ  ヽ
   おいやる夫。ねんどろいどセイバーが落ちてたぞ          /   l  l  |       | |  ハ
                                          ′  l | | |    | |   l |  i
                                         l l  l l l 八ト   l | |   | |  |
                                         l |  | l |/ | `ヽl | |   | |  |
                                         | L 丁ノノト  l  ´]_丁 |  }ノ  |
                                         |  |V 灯仍     f広刃!  ハ l  |
                                         ∟ |ハ  込リ     込り |/|}   |
                                           | ∧""   ,    "" |  lノ l  |
                                           | ∧     __      j|  | l  |
                                           | l  ト 、     イl |  l l  |
                                           | |  |  }>r-< /V  ノ l  |
                                           | |  |_ム∧r-く  / /、  l  |
                                           ィ´ /,/ 〃´ ||.  ∨ /  ト<  |
                                  ..         / |   {/ {{  ||  /  /  |   `  、
                                         ノ  |  /ヽ ゞーァ介ァ  / r-┘     }
                                  ..     /  / / / |//l l/  /  |     ,     l
                                     /     { / 〈.  l// |/  / /     ′   |
                                    /      ∨   \. |//  //    /       |

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第10話


928 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/27(木) 00:17:48 ID:bQHi/xbQ

『わたしは…一年前…化物語に千石撫子っていますよね…彼女…アニメで 見たときですね
あの撫子の可愛すぎる外見、性格…あれ……
初めて見た時…なんていうか……その…下品なんですが…フフ…………
勃起→射精……しちゃいましてね…………
ブルーレイを買って一生の……家宝にしました。
ああ……妹に欲しい…。』

俺は今日一日暇だったから撫子の可愛さについて考えていたんだよ。なぜ 撫子はあんなにも可愛らしいのか
まずパッと思い浮かぶのが妹キャラ。あの妹キャラが撫子の可愛さに拍車 をかけているのではないか、と
確かにアニメでの「助けてよ、暦お兄ちゃん……」のシーンでは「俺が 暦お兄ちゃんだーっ!」と叫んだ
ではあのシーンがなかったら俺は撫子に惚れなかったのか?
いや、ちがう。確かにあのシーンでは興奮したが、俺が真に撫子に惚れた のはあそこではない
試しに「お兄ちゃん」ではなく、「○○くん」と呼んでみた撫子を想像し てみた
インパクトは薄れたが、可愛さは健在、むしろ対等になれた感じがしてク ラスのおっちょこちょいな幼馴染的なポジションになり、これでもアリだ
ではあの守ってあげたくなるオーラが撫子の可愛さなのか
確かに撫子の小動物ちっくな部分はかわいい。助けてあげたくなる
だが、偽物語の撫子は小動物っぽくないのに可愛い
あの撫子は本来の彼女の必死さ健気さとは何か別の物を感じられるが、それを俺の貧相な語彙力では言語化できない
だがあの小動物オーラだけでは撫子の魅力ではない
ではこの他になにがあるか……いや、そもそも撫子の可愛さをこの地球 上の理論で言語化、解明する事は不可能ではないのか?
撫子と出会った時、俺は自分の世界が撫子に埋め尽くされるのを感じた
そう、俺の人生は撫子と出会って初めて開始されたのだ
では撫子というのは、宇宙の誕生に匹敵するほどの存在なのではないの か?
千石撫子の誕生は、宇宙が始まった時に既に決定された事ではないのか?
否、もしや宇宙の誕生、地球の誕生、人間の登場、文明の発達……それ らは全て、千石撫子を誕生させる為に、行われた事ではないのか?
千石撫子を生み出すために、宇宙は作られたのではないのか?
きっとそうなのだ。故に宇宙以上の膨大な情報をもつ千石撫子を人類 如きに解明する事は不可能なのだ
だが、どれほど撫子が雄大で宇宙以上の存在だとしても、俺の可愛い妹で ある事に変わりはない

というワケで土曜の夜に用事ができたので、その分今投下します

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第9話


856 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/22(土) 20:03:52 ID:rMHCO2/U





                 イマ
           やる夫が深夜を駆け抜けるようです

               第9話「SNAKE EATER」

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第8話


723 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/15(土) 21:38:26 ID:yXu1335c





                 イマ
           やる夫が深夜を駆け抜けるようです

        第8話「やる夫が美鈴と伊豆へ行くようです」

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第7話


554 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/09(日) 22:00:53 ID:8mzcIeEg





                 イマ
           やる夫が深夜を駆け抜けるようです

                第7話「アレルヤ」

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第6話


472 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/08(土) 21:07:10 ID:ohyLrA9c

   _         | ̄|_    | ̄ ̄|    _| ̄|__ ロ口
   |  | ロ口    |  _|    ̄ ̄     |_  __|
   |  |__      |  |    / ̄ ̄ ̄\    |  | ___
  / __]     |  |_  |_/ ̄ \ ヽ  |  | |__|  ___
 | /      / ̄  __|       | |  |  |  __  |___|
 | ヽ__  |  ○  |          / /  ..|_| |__|
  \___|  \__/     { .{\/_/ /
          ヽ       ,;;ヽヽ//;;-、  ノ      /   ./
      \    ヽ     /;;;;;;;r、:i--ァ;;;;;ヽ    ∩ /    /
       \    ヽ  ,--''ニニニゝrト,,/ニニニ'''ーァ ./ ) ))  /
              `て;;;キ;ャ-λイ;ク;;サ-ン;;リ/ヾナ
                 レリ; ○   ○ iレリ/| .丿
                `!;ル""r-‐¬"".イ/}| /{
                 .ヽゝヽ、__,ノ_ノ/|} /{
                r_{ノ弋.ヽロ/ ノ「{〆ナ{
              }/{|. 弋ト-ェ</|」-ェナ{ノ
               }ヽ|i 从-rュrュr-イゞ
                 (_.<;;;;`;―;;;‐´;;ヽ
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,
                ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです GW最終日特別短編「やる夫は撫子ちゃんの家に遊びに行くようです」


404 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/06(木) 22:18:16 ID:MrQBms7.

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとはゴールデンウィークは青春したかったんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でもほとんどやらない夫達とgdgd過ごしたり澪の我が儘に付き合ってたお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /

 
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから最終日は撫子ちゃんの家に遊びに行くお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第5話


267 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/03(月) 20:31:09 ID:rNHrqrVk

                 , -r ´二> 、   , -──ァ─ 、
             l:..:..:/⌒丶:..:..>´:..:..,. ⌒丶:..:..:\
             |:..:..!    7´:..:./\    '.:..:..:..}====x
                 \.| _,./:..:./`丶、..`ー- ヘ:..:..:.'.       \
               ,ャヘ'、:::::/:..∠二 丶、 ̄ ̄   '、:..:.ヘ
           ∠ _}:..:..:..∨:.´:..:..:/:::::::::::\     \:..',
   r=====≧-- ゝ:..:..ノ{-- 、:..「:::::::::::::::::::\rふYて \ト、____ ,. -─‐- 、   俺は忘れない
   \::::::::::::::::/ ̄ ̄ 7 > ミx 、:. ̄:..`丶、::::::::::Y´ ̄` ゝヘァ┬─ '´
    \::::::::.'    ,イ      `丶ミ 、:..:.\::::::|       ヾて{__         春になでこスネイクを予約して、
     rふ 1    / 」_ハ  ト、 \    >ヘ ゝ,ト-──-  、   Yこ
   ィ孑⌒ |    ハ レ \ ! \f气、    `丶> 、      丶、 }て       12月23日に発売だから、クリスマスは
   }リ -─‐ ヘト、 ゝrf勿   rチテミxヘ  /   ハ:::::::\        Y(
  ∧て      7\l マソ     弋:少 小イ      !:::::::::::\      rf1       なでこスネイクを鑑賞しながら過ごそうと
  |  Y{__   ィ´; ∧"" 、   ""/   !      |_,.   ´    ィソ |
  l   > '´:.く | リ   \  、   /   ノ     /      __ fこソ . '       思ったら一ヶ月延期された事を
  ' 、/:./\て N´∨レ_>「__7 7  /       /  __fてY> ´     /
  /:... '     `丶ゝ f ´    .':../\      >ヘ         ノ{{≦孑 ´          ,.  ´
  |:..{  \ ___x´   ノゞ=====キ⌒Y´    ,.   ´ ̄ ̄
  |:..! , ィ勿ゝ=て}/::::`ー── 7、  '、  ィ≦x
  |:.{ /{{/    . '::::::::::::::::::::::::::::::::| \zテヘ   `ヾミ}}x            xf王干≧ァ 、
  Y ´  、   , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ゝャL    \ミx         // x≦> ´ ̄
  ノ Θ  ィチ}/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    ヾ{{_     \≧x      /Z/ /
  (___ノ少ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、  }て     ` 、干王三≦少 /
  `ー‐,ヘ ⌒く}r 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ{\ Y{`丶、    ̄ ̄ ̄ ̄ /
      ! \  Y{ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::イソ  '. |リ    ` 、____,.  ´
       、  \ ⌒L}こニ}L二}ソてにr ´    7{
        \  \   '.  |  ' 、 !        /´
         \  ゝァ l__ノ    Ll
            {)    `'     `'

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 番外編「撫子の桜、蛇の春」


237 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/05/01(土) 13:10:34 ID:uy0PMfpU

                    / ̄`ヽ.
               ,. -─-、」_/___ \
              /__/,k-‐-v'7ァ_ `ヽ.',
            __r<_>(_ノ)o___`>_`ヽ|ハ
            ヽ〉 フ_,ノ ハλノ) )ト、 ̄|`ト 、
          < l ⊂)_)リ ゚ ー ゚ノ]つ \|_|-‐ァ
     「 ̄`ー--‐〈 {_ト、_`二ア ̄`¨゙:::ー-::、__」ハ
  r‐‐''"> ''" ̄ ̄ ̄`'‐r_ァ-‐'´/_::|::::::/!::ハ:::::::`ヽ.      まあ予定になかったんだけど、
  /:::::;: '´    _,,. -─-/::∩::|/:::/ァr<!//:/_」:::::::;::::!>
  |::::/   /     //´ |/'!:::八 j_り` レァr、!:::::/レ'、___         新キャラのおかげで撫子がインデックス的
  ∨   /    ∠_八 ___ノ;ハ"     . りノ|/:!'\ ` <\
 /:|   ./|      !:く´_r-、_]::::::ト.、 ` ー   ゙,ハ:::::|  \  `ヽ!__.     ポジションになりそうだから短編投下するか
 |:::!    ',      レ'|´   ハ::/イ|>‐ァァ7__:|:::/     ` 、. \|
 ヽヘ.    '.,   |:::| 八   ´ ̄`Y-‐ァ‐<´  `ヾ.     _)  /|
  |::::\   ヽ./::;'/ ./\     |:::/ト 、 `    !\-‐'"´|::|./:/
  `ー-、> 、.,_\/::! |::::| `ヽ、_ r':/ !:::\      、  /:/-‐''
     ヽ-rヘ__>-=ニニ二¨´ ̄ ̄ ̄`¨゙'' ー---‐< ̄`ヾ
      /|  |::/ ̄`>,--‐'´ ̄|`7¨゙''ァーr-、     \::::::|
      〈::|   \_/r7>、_!,  レ'  〈、:/レ'´\     ∨|
    _/[∧、  /::::::::/:::`ヽー--‐イ::\    ∧    |::!
   //   \>'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,   |:::!     レ'\
    |::! ,「 ̄´:::::::::::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::ハ  ヽ:!   /ト、 `゙'' ー--‐ァ
   \7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::!:::::::::::::::::::',  /!  /:/ ` 、___/
    .\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::! |_レ'´ ̄
      |\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      ∨  ̄`ヽァ─-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  〉
     ./ヽ.,__/>─‐-\___;;;:::--‐ァ<_/、
     ,'\__, ' ̄        `ヽ--‐''"´ ̄\   ,ハ
    .|`'ー7                   .〉'´_,ハ
     !、_j                    !__j


続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第4話


167 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/04/30(金) 19:19:42 ID:LWXOoUVU





                 イマ
           やる夫が深夜を駆け抜けるようです

               第4話「黄金の遺産」

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第3話


100 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/04/26(月) 22:39:05 ID:sx7LfRGU

緋想工科大学

                         / ○ \        ‐―  ○ - ‐
                        /.へ/:\へ.\         , ' ヽ
                       / へ|l||l_^_l||l|へ \         ,    ヾ
      (´( ⌒ ⌒ )     /||.へ|_._|l|/\|l|_._|.へ||\    , '
                  ||  |田|.|田田|.|田|  ||
                  ||  |田|.|田田|.|田|  ||   (´( ⌒ ⌒ )
                  || [_[_〈___〉_]_] ||
    /二二二二二二二二二||;;'   |l|    |l|゙    ||二二二二二二二二二\ 
  /三三三三三三三三三三||  |田|.|田田|.|田|  ||二三三三三三三三三三\
  二二二二二二二二二二二||  |田|.|田田|.|田|  ||二二二二二二二二二二二
  三三三三三三三三三三三|| [_[_〈___〉_]_] ||三三三三三三三三三三三 
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            #;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |田| |田|;' |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| |田|
   |田| |田| |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| ;;|田|
  ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ]   |田田| |田田|   [ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '';;              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |田| |田| |田|  |田田|  | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄|   |田田|  |田| |田| |田|
   |田| |田| |田|  |田田|  |    | |    | |    |   |田田|  |田| |田| |田|
  ;;          ;;;,,    ii≡≡≡≡≡≡≡≡≡ii     ,;;         ,,..;
  ────────── ii ≡≡≡≡≡≡≡≡≡ ii ──────────
   ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄



      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /  :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)           月は何もわかってないお!
  |      (__人__) 〃/ ノ
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))   女の子は黒タイツに限るお!
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))     タイツによる脚の脚線美こそが至高だお!
 (___)    ./      ))



  ,. --── 、
////イl!lヽ:ヽ.\
:./:/.:.:/:l.:|:.|l.:.:lヽトl.:ヽ
.:/.:.:./.:./ハ:ト.:.|.:ヽ!l.:ii.:',                       わかってないのはやる夫のほうさ
/l|.:.:|.:レハ.:メ.ヽ|.:l/.|.:.i:l:.|
.:!ll.:.:|.:lィZミヽ.:l|〉、!l.:トN:|                       ニーソックスじゃないと太ももが見えないじゃないか
.:.|lトl.:.|ゞ┴ l/ k::仆|:l/リ
.:.|lハ:!       ,¨´/l./                        スカートのニーソックスによる太もものチラリズムは
.:|N    、__' ′/レ′
小! ヽ   ` ー'`, '|/!             __ __ _ __          ペプシツイストとサクラミストの組み合わせ以上に最高さ
Nト!  ヽ、___/    ┌─────┤ ll ll lL」────┐
、``''‐- 、」        | ─────‐しl|,. K_ソー'────│
、`ヽ、 │       |遠坂凜 写真集 `‐'         │
、\ \ |、      |─────── : ────── |
 \\  | \    |               :.           |

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第2話


36 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/04/24(土) 21:12:37 ID:Gk9JzKic

緋想工科大学

                         / ○ \        ‐―  ○ - ‐
                        /.へ/:\へ.\         , ' ヽ
                       / へ|l||l_^_l||l|へ \         ,    ヾ
      (´( ⌒ ⌒ )     /||.へ|_._|l|/\|l|_._|.へ||\    , '
                  ||  |田|.|田田|.|田|  ||
                  ||  |田|.|田田|.|田|  ||   (´( ⌒ ⌒ )
                  || [_[_〈___〉_]_] ||
    /二二二二二二二二二||;;'   |l|    |l|゙    ||二二二二二二二二二\ 
  /三三三三三三三三三三||  |田|.|田田|.|田|  ||二三三三三三三三三三\
  二二二二二二二二二二二||  |田|.|田田|.|田|  ||二二二二二二二二二二二
  三三三三三三三三三三三|| [_[_〈___〉_]_] ||三三三三三三三三三三三 
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            #;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |田| |田|;' |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| |田|
   |田| |田| |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| ;;|田|
  ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ]   |田田| |田田|   [ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '';;              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |田| |田| |田|  |田田|  | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄|   |田田|  |田| |田| |田|
   |田| |田| |田|  |田田|  |    | |    | |    |   |田田|  |田| |田| |田|
  ;;          ;;;,,    ii≡≡≡≡≡≡≡≡≡ii     ,;;         ,,..;
  ────────── ii ≡≡≡≡≡≡≡≡≡ ii ──────────
   ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄

続きを読む

やる夫が深夜を駆け抜けるようです 第1話

 
1 名前:深夜の紳士 ◆Yz3SsShFqc[] 投稿日:2010/04/24(土) 13:27:28 ID:Gk9JzKic

──────時は深夜零時











             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●).\
        /::::::⌒(__人__)⌒:::::.\   やっと5Vピィが生まれたお!
        |     |r┬-|.     |
         \      `ー'´     /
        ノ           \
      /´      ,. -つ=-,---,-⊂- 、
     |    l   /   ̄フl  DSi |〔 ̄ ヽ
     ヽ    -´   ̄ノ -'--"- L ̄  }
      ヽ ___,ノ ̄    `ヽ  ̄ _ノ



             ____
           /⌒  ⌒\
         ⊂。(゚>) (<゚)。つ
      ⊂ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ つ   ここ数週間、あきらめずに大学の講義中も孵化した甲斐があったお!
     ⊂  |    /| | | | |     |  つ
        \  (、`ー―'´,    /     やる夫の努力の成果だお!
         ( ヽ  _____ ././
         \ \| .,DSiレ゛/
           .\旨  ξン┐

続きを読む

スポンサード リンク
最新記事
全記事表示リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ