自分の好きなやる夫のまとめ

   自分の気に入りのスレをまとめるブログです
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は魔女の騎士になるようです 第5話

507 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:00:07 ID:jCjdYiIY


          ──────────────────────
                 王城は王都の中心に位置し
           王が住まう国の象徴としての場所であると共に
          政治、軍事と言った国家としての機能が集約された
                 最大の行政機関でもある。
          ──────────────────────

            △
   △      |王|,,,,
  ノ合|      ||甲□》___含合ヽ,,,,,,
  │;;;;|▲   | ̄|ヾ ̄ヾ:;:;:ヾ:;:;ヾl △┐......、、
  │;;;;| |┌△田.lΠl△田.;;;;;;;;;;;亜│::∥、ΠΠ△,,,,
  │;;;;| |゚゚O||二|゚゚゚|''''''''''∥:::::::::::::::::::||亜 |゚゚゚|二||゚゚゚|:::::::|┐
 ┌iii7'''''''''''冖∥亜l_〔ニニ〕│||⌒|| 〔ニニ〕亜^^^^^lー、、;;;;;;┐
__,|____,厂 ̄ ̄   |乂[ 柱].ミミミミミ |乂[柱]____i_
    ̄ T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕  |\:::::::::::::::::::\...:;| | へ ヘ へ .|
  へ 、、|、、、、、、、、|  |  \:::::::::::::::::::\| |、、、、、、、、 |          __________________________
     | へ へ へ | ./三/| -----  |  へ へ へ  |        . |\_______________________\
 .へ、  |、、、、、、、、./三/ へ へ  .\三\ 、、、、、、、|.  、..     |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
  、、、.|     .. ' ./三/、、、、、、、、、..\三\へ へ へ .|        .|  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|ll,l.llll|
     |    .[寵].、;lll;;;《.、、;:;:;:;:;:;:;;;;;::::::;:;: .  .\三\.‐      |        |  ||||lll|||i巛門》》illl|||||ll|
 冖冖冖冖冖.[;;;;]冖冖冖冖冖冖┐               vv、、、       |.... |  ____________________|_____
 ............................[;;;;]................................冖冖冖冖冖冖冖-[寵]冖冖┐,,,,,、、、、        |\_______________________\
 _______________._[;;;;]..................................................................... [;;;;]..............冖冖冖┐        |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
            ^~~--- -,,,,,,,,,,,,,,____.......................... [;;;;].................................冖┐  、.. |  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|lil,lllll|
    ..:,:.:..     ..:,:.:..       ..:,:.:^^^''''---v、、,,,.[;;;;],,,,.....................................冖冖┐ .|  ||||lll|||i巛門》》illl|i||||ll|,,,,,,,,,,,,
  ______________     _______________          ..:,:.:..  '''.¬................................    ,,,,,,,,,.:,:.:...:,:.:...::.:..,:.:...:,:.:...¨.:,:.:...:,:.
  |\____________\   |\____________\ ..:,:.:..    ________________ ゙^゙^\   ,,,,,,,,,,,,,,,,,/.:,:.:...:,:.:...¨,:.:...:,:.:...¨:
  | |ill|lililill|li||lllli|   .| |ill|lililill|li||lllli|        .|\____.\  ,,,,,,,,,/:.:..:.. ,:.:...:,:.:    :.. ,:.:...:,:.
  | |il|巛門》ii|||i|_______| |il|巛門》iiiiiii| __________  |  |||'lll'lll|lll||l|lll''|/.:..、 .:,:.:...'....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____________    |\__________________\ .|\_______\.l  |ll'lll|゙/゙゙゙゙゙゙゙゙..:,:.:....´:..,:.:...:,:.:.  ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____\  .| |゙|ll| lll| .lll! ll l!:l.lli| | ∥i|||l|lll| ,,,,,,,,,,,,,,,,ノ.:,:.:..' :.. ,:.:...:,:.:...:.. ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ゙|ll| lll| .l゙|ll| lll|  | |ll|i|;:|ll|lllli|.lll!.lll 「,,,,,,,,,,,,,,,,,.:...:,:/:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.::..,:.:...:,:.:....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:.
 ..ll)!!llll||ll|《l,.ll|  | | lll 巛!門 ^゙/ .:,:.:...:,:.:...:,:.::.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...

509 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:00:53 ID:jCjdYiIY


          ──────────────────────
          そんな王城の一角に近衛騎士団の本拠地はある。
          ──────────────────────


l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|'‐┬‐'―,. -rーr- 、‐'ー┬ートl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|―'―/>┴┴<\_'_トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_____l__l_
l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|>、ー/У    |    ∨゙,ーァ<トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|〕」__l」 |c_c_|_c_c| l」__「〔トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_____l__l_
l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|_l」__l」 |     |     | l」__l」_トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____l_|_l_|__トl|_|レ|_l」__l」 |[二二|二二]| l」__l」_トl|_|レ|__l_|_l_|_____l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_l」__l」 |c_c_|_c_c| l」__l」_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_l」__l」 |     |     | l」__l」_トl|_|レ|_l__l__l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_l」__l」_|___|___|_l」__l」_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_l」__l」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l」__l」_トl|_|レ|_l__l__l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_|  |            |  |_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_|  |            |  |_トl|_|レ|_l__l__l__l_
                トl|_|レ|_|─r|丁 ̄ ̄厂 ̄厂|r―|_トl|_|レ|
                トl|_|レ|_|r─| ̄厂丁 ̄厂 ̄|─r|_トl|_|レ|
               ',l|___jレヘ|─r| ̄厂 ̄丁丁 ̄|r―|,ハl|_|レ'
                       |r─| ̄ ̄厂 ̄厂 ̄|─r|
                 └―' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''ー┘

510 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:01:44 ID:jCjdYiIY

          ──────────────────────
             近衛騎士団とは王直属の騎士団である。
            正騎士達の中から選ばれた最精鋭で構成され。
            主な任務としては様々な場面での王の護衛、
         正騎士団や冒険者では手に負えない凶悪な魔物の退治
              と言った重要な任務を王から拝命する。
          ──────────────────────


         , -‐…‐.、 | | |…‐.、 | | |…‐.、 | | |…‐.、 | | |…‐.、 | | |
          ./      ', | | |::..  ', | | |::..  ', | | |::..  ', | | |::..  ', | | |
        {   _.  l_| | |_   l_| | |_   l_| | |_   l_| | |_   l_| | |
      、__ト、 くイtァl」、゙| | |イtァl」、゙| | |イtァl」、゙| | |イtァl」、゙| | |イtァl」、゙| | |
       フ /ハ フ 、_ 〉)ノ | | 、_ 〉)ノ | | 、_ 〉)ノ | | 、_ 〉)ノ | | 、_ 〉)ノ | |
     ,ィ´| ̄ ̄l{フ__ノl」┤.| |,'__ノl」┤.| |,'__ノl」┤.| |,'__ノl」┤.| |,'__ノl」┤.| |
   、_ノ>'==、、!`ヽl`ヽl| | | ヽl`ヽl| | | ヽl`ヽl| | | ヽl`ヽl| | | ヽl`ヽl| | |
  /厶ニヽ  ヽV ミヽ.) | ト、 ミヽ.) | ト、 ミヽ.) | ト、 ミヽ.) | ト、 ミヽ.) | ト、
 ( (::::::::::ハ ヽ__.ノノ>、_|_|_|_l>、.__|_|_|_l>、__|_|_|_l>、__|_|_|_l>、__|_|_|_l>、
  J /|__:::::::`ーrr'>ー=┬┬‐-く=┬┬‐-く.=┬┬‐-く=┬┬‐-く=┬┬‐-く
  >'/:/  >、_ノノ   └{┼lヨ`ヽ、_}__‐lヨ`ヽ、_}__|‐lヨ`ヽ、_}_.|‐ヨ`ヽ、_}__‐lヨ`ヽ、_}__
. (:/:/    /-''     └l┼'、 └┐`ヽ'、 └┐`ヽ'、 └┐`ヽ'、└┐`ヽ'、 └┐`ヽ
 /:/   _/ ̄ ̄>,、   .|:| /`く`ー'   }`く`ー'   }`く`ー'  }`く`ー'   }`く`ー'   }
/ ̄`>イ/     / \__ト}/:::::::::下、 ̄::::::::::下、 ̄:::::::::下、 ̄::::::::下、 ̄::::::::下、 ̄
>,,.._/`/      /   :::\|_::::::::::::::\:::::::::::::::::\:::::::::::::::::\::::::::::::::::\::::::::::::::::\
:::::::::::`/     /   ::::::::/| | ∧:::::::::::::::\∧::::::::::::\∧:::::::::::\∧:::::::::::\∧:::::::::::\

511 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:02:30 ID:jCjdYiIY

          ──────────────────────
          しかし王が空位、そして王族の全滅という国難の今。
                    騎士団は総出で
            王の血を探し出すという任務に当たっていた。
          ──────────────────────


                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||                  ||||| |||
                 ||||| |||     / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ       ||||| |||
                 ||||| |||       ||         ||      ||||| |||
                 ||||| |||       ||         ||      ||||| |||
                 ||||| |||       ||         ||      ||||| |||
                 ||||| |||       ||         ||_     ||||| |||
                 ||||| |||      | ̄|      | ̄|      ||||| |||
                 ||||| ||| ̄ ̄ ̄|  |      |  | ̄ ̄ ̄||||| |||
                 ||||| |||      |_|───|_|      ||||| |||
___________ /||||| |||                  ||||| ||| \_________
                /.  ` ̄ ̄´                    ` ̄ ̄´   \
           /                                      \
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

512 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:03:12 ID:jCjdYiIY

          ──────────────────────
              そこにやる夫はリカを伴って帰還した。
                  リカは魔女と恐れられ
              森で孤独に暮らしてきたハーフエルフ。
         しかしその実彼女は100年前の王の血を継ぐ者である。
         やる夫は王の血を探すという任務を果たしたのだった。
          ──────────────────────


                                         _ ___
                                      ィ' ¨::::::::::::::::::::::¨ `..,.
                                   /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                  /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                  ':::::: '::::::::':::::|:::::::|| ::|:::|::::::| :::|:::::::::'.
                                  |::::: |::::::::|:::::|:::::::|l::::|:::|::::::| :::|::::::::::|
                                  |::::::||:::::::||::::|:::::::|l::::|:::|::::::| :::| :::::|::|
                                  |::::::||:::::::|j::_|ヽ:;::ヽLゝゝ-L::j::__:ノ |
                                  丁::T ̄_ _  ̄ ,. .二..、 |:::レ' : |
                                   |::ハlイ´{rtハ      |t.ッl リi:::::::|::::|
                                   |:::|:ハ::::` ´  ,   ` ::: ,ハ::::::|::::|
                                   |:::|::: ゝ         .イ:::::::::|::::|
                       __         |:::|:::::|:::> .._ `  _ ィ!::|::::::::::|::::|
                  _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、.     |:::|:::::|::i::::rーv二z‐ ニ}|::::::::::|::::|
               _..-'″             `゙'-、、.|:::|:::::V 「|: :_:.フ-<:_:ー:/l|::::::::∧::|
             /                    `''-、:::::| |;;|V:_/| | :`:Y イ::::::::|ヽl:!
           /                          \::| |;;| `´ | |─┘ l;|::::::::| /Yヽ
          /                              \|;;|   ! l   ':;i:::::リ i  v:l
         /                               \.  ! l    |;;|:::/ ,'   |:|
        ./                                  ヽ  ! l    |:.|/ /::  |:|
       ./                                     ヽ! l    |;;|  |:::_  _|リ
       !                                    l |    |;;|  |¨___ノ!
      .!      `'ー ,,_                  _,,,___         !|   Y;;|  |'´ |:::ハ
      |     -.、   `''ー ..,、        ....ーー''"´   ._,-         ! --‐'|;;|  j  |jノ
      l         广''┬--v-‐.        .'i-----r‐''゙]         i!─ ‐O--r'  │
    ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,;T;;丁ヽ,. |
   ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、ヽ.!
        .\       │                l              /
         .`'-、,     ゝ..____,..-ー ._____ノ        ,..-'´
            `''- ..,_ .、,__,___________..,_ .、,__, -'''"

513 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:03:53 ID:jCjdYiIY
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     団長。
    |      (__人__)     |      やる夫・ニューソック、ただいま帰還しました。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                         名前:やる夫・ニューソック
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |                     種族:人間
   /    / r─--⊃、  |                        年齢:19
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                    性別:男
                                     職業:近衛騎士






    /\___/\
  / ⌒   ⌒ ::\
  | (●), 、 (●)、 ::|     おお、やる夫君じゃないか。
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|       お帰りななさい。
  |   ト‐=‐ァ'   .:::|
  \  `ニニ´  .::/                       名前:ダディ・クール
  /`ー‐--‐‐一''´\                       種族:人間
                                      年齢:45
                                      性別:男
                                      職業:近衛騎士団長

514 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:04:32 ID:jCjdYiIY



  ./  ̄/〃__〃   /  ̄/       /
    ―/  __ _/   ./ ―― / /
    _/   /   /   _/    _/ /_/
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +       ──────────────────────
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|            帰還したやる夫達を始めに出迎えたのは
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +           近衛騎士団の団長であるダディであった。
   \  `ニニ´  .:::::/     +       ダディは近衛騎士団の一番の古株であり、
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.                 一番の実力者でもある。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i             戦を好む先々代王の覚えめでたく、
    |  \/゙(__)\,|  i |               26年前のオーク族との戦いで
    >   ヽ. ハ  |   ||           ただ一人で王を護り、戦い抜いたことで
                             “赤腕”の異名を王より賜っている。
                       ──────────────────────

515 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:05:50 ID:jCjdYiIY




../::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::ヽ
..`ヽ、::::::::::::/::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::: 〃::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::l::::::::l
   `ヽ::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::: //::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::l:::::::l
    `>::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ナ ≠-:::::::::::::::::::::::l |::::::::::::::::::::::|:::::::::::|::::::::::::l::::::::l     ………
      |::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::::::|__|_::::::::::::::::::::|:::::::::::|:::::::::::::l::::::::|
      ]T・ 、_:::::::::::|____| __|::::::::::::::::::::::::::| |::`ヽ:::::::::::::|::::::::::l::::::l:::::::|::::::::|
      |::|:::::::::::`゙‐┘ ,,,z=≠ミz、ミ、_:::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::|:::::::::l:::::/:::::::|:::::::::|
      |::|::::::::::::::::::ハ 〈r┌‐”::::::::}ミ  `゙  、_| |__::::::::::::::::::|::::::/::::/::::::::::|:::::::::|
      |::|:::::::::::::::::|::| 丶{ミ=zn ノ       rzZミ=z、゙  、_|:::/:::::/:::::::::::|::::::::::|
      i/|:::::::::::::::::|::|   ` ー=        へ__)::::゙ミト、 >'::::::/:::::::::::::|__|
      |::|:::::::::::::::::|::ヽ       ,      〈:::r、_:::::::::::::ハ, <_/――‐┘:::/
       l:::|:::::::::::::::::|:::: ゙ヽ              ヽミ、 ゝnノ〉ヘ /:::::::::::::::::::::::::/|
      l:::::|:::::::::::::::::|::::::::::`>、.   丶          ` ̄´   ̄l::::::::::::::::::::::::/:::|
      |:::::|:::::::::::::::::|_,,r'¨7 /`゙ 、_            ,  .´/:::::::::::::::::::::::/:::::|
      |:::::|:::::::::::::::::|  / /      ̄ヘ ――― ´~、:::::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::|
     |:::::|:::::::::::::::::|   | |                ヽ/::::::::::::──────────────────────
                                          ダディが視線をやる夫の背に向けると
                                             そこには梨花が立っている。
                                          梨花は外套にフードという旅装であり、
                                             外套は旅塵で汚れて居た。
                                             荷物は小さなリュックのみで
                                            武器などを持っている様子はない。
                                           梨花は口元を真一文字に結んだまま、
                                            興味深そうに辺りを見回している。
                                     ──────────────────────




     ∧-─-、
   / ─    \
  /   (●)   ゙i      えーと?
< |   (、_,.)''ー 、   |      こちらの方はもしかして…?
  ゙i(●) ) /`) ) /
    \   ヽ `ニ´ノ/\
    `''ーr -一''´   ゙i
       | 、.     |  |

516 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:06:55 ID:jCjdYiIY

     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \     ええ、王の血統である梨花・フルデ様です。
|    (__人__)      |     王となって頂くべくお連れしました。
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/





    /\___/ヽ
   / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
  . |(●),   、(●)、.:|    あー……‥
  | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.:::|
.   |.u   (^ー^>  。.::::::|              ──────────────────────
   \ ゚  ⌒´ u .:::/               ダディはなにか不味いことでもあるように口淀んだ。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.                周りもシンと静かになり、重い空気が漂う。
                            ──────────────────────

517 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:07:28 ID:jCjdYiIY


         ──────────────────────
                  やる夫が周りを見回すと、
          近衛騎士団の殆どが既に帰還していたようだった。
         ──────────────────────


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\       ──────────────────────
.  / /)(ー) (ー)u\       剣の腕は近衛騎士団としてはあまり良くないが
  | / .イ    '       |                金勘定に明るく、
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /            金食い虫である近衛騎士団の
.   | ≧シ'        \              財務の一切を取り仕切る。
 /\ ヽ          ヽ              金庫番、できる夫。
                     ──────────────────────


                                                       r‐ ' _ノ
                                            / ニYニヽ     _ ) (_
                                           / (0)(0)ヽ   (⊂ニニ⊃)
                                          /  ⌒`´⌒\  `二⊃ノ
    ──────────────────────     | ,-)       (- |   ((  ̄
        武技に富み、好戦的な異種族である            | l  ヽ__ ノ‐┼¬U
          リザードマンであるにも関わらず            \  ` ⌒´  /
             人間社会に溶け込み、                   /        ヽ
          かつ剣捌きよりも頭脳労働を好む          /           ヽ
          変り種のリザードマン、でっていう。         |           | |
    ──────────────────────    ヽ_|         |丿
                                          |         |

【その他近衛騎士団の皆さん】
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'──────────────────────
                                            他にも最精鋭である近衛騎士団らしく
                                          一見で強者と見て取れる騎士が立ち並ぶ。
                                       ──────────────────────

519 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:08:31 ID:jCjdYiIY

          ──────────────────────
             そして精悍な顔ぶれの中に紛れ込む
                 数名の見知らぬ女性の姿。
          ──────────────────────


              // /./// /l lヘ. \`
                / /  /<,.イ / / ! l ヘ l 、 ヽ
            / l , l {.__,厶/ {  |│l |l l ハ
             / イ_{ |リV /ノ` ゝノ 」_j. 川  }
          /  / ヘ! r‐==、     `メリ  イ
            /  ,ハ           ,! ‐=ミ //ノ'′
          /  ,/ /`ヽ.    ._       /イ「
        /   / / ,ハ、    `¨´   ノ l |
       /  / / / /イ{、丶     ,. ´l| _ -ヘ
      /⌒ゝ'‐-一/  |'ゝjハrゝ-ァ´\-,ニ‐  ̄ `\
                                        / / /    / ハ    V     ハ
                                       / / /    / / 〉   イ   ',   l
                                     /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !
                                    / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |
                                  ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐
                                      |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ
                                     /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !
                              .        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
                                    / ′ /   ∧             ィ7厂   |
                                       |    ヘ、    ´`      /  | | |
                                       |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
                                       |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
                                       |   |  |_.へ_ノ     ト、!  ! /  /
                                       |  _|  ||  \      |  |,'  /
        ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
       /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
      /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
     l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
       //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',

520 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:09:02 ID:jCjdYiIY


     ____
   /      \
  /         \
/           \     ああ。なるほど。
|     \   ,_   |     大体把握しました。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /








    /\___/\
  /        ::\
  |               :|     そうなんだよ~。
  |   ノ   ヽ、   :|     困ったものでしょ?
  | (●), 、 (●)、.:::|     まさか…
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \

521 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:09:35 ID:jCjdYiIY
:::::::::::::_______________:::::
::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::    ──────────────────────
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::                “ガチャリ”
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             やる夫が理解を示し、
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::          ダディがそれに応えようとした時、
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::            扉を開く音がそれを遮る。
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::    ──────────────────────
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::

523 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:10:16 ID:jCjdYiIY

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ      ──────────────────────
 |::::::::::::::(_____ノ´||      扉から顔を覗かせたのは近衛騎士団の最後の一人
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||                やらない夫だった。
 |:::::::::::::::||/    ||          彼は一兵卒からの叩き上げの騎士であり、
 |:::::::::::::::||      ||     構成員の殆どを貴族が占める近衛騎士団の中では珍しく
 |:::::::::::::::||      ||           孤児院出身であるという身分の騎士だ。
 \:::::::::::||      ||      ──────────────────────
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||

524 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:11:08 ID:jCjdYiIY


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)       やらない夫・ビップデただいま帰還しましたー!
. |  ///(__人__)        そして新しい王様をお連れしましただろ。
  |     ` ⌒´ノ       これでこの国も安泰だろ常識的に考えて。
.  |         }
.  ヽ        }                           名前:やらない夫・ビップデ
   ヽ     ノ                           種族:人間
⊂ヽ γ    く                              年齢:20
i !l ノ ノ    |                                 性別:男
⊂cノ´|     |                             職業:近衛騎士






   /⌒ヽ
   !: :\  _,.-───── 、
   \_`ー-: : : : : : : ̄`ー 、 : >───┐
     /:/: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : : : !
   ィ/: : : : ィ: : : : : : : : :\: : : : : : \: : : : : |
_,.-'":/: : : : / |: : : : : :ト: :⌒: \: : : : : :|: : : : : :|      へー。ここがやらない夫様の働く場所かー。
|: : : ,|: |: : :|⌒ ',: : : : :| `ヽ、: : :ヽ: : : : :|≧三ラ
≧=z|: |: : :|   \: : : ', ,.=ァ=、_、|: : : : |!: : : : : :|
ヽ: : :|: |: : :|  ァ,-ミ、!ヽ|/,.ffjテぅ |: ☆:|:|ーz: : : |
 }: : |:ハ: : :', 〈 {::fj゚ぅ   弋トソ !: : :/三ラニ≧
  ヽ≧ヽ: :\ヽ弋ソ , _,、 〃 |: :/.|`ヽ\ζ
   }: : :\: :|ゝ〃  く/: : :) ノ/:イ ,| ├┴┐
   `ヽそ'ヽ! ヽ>ー = イ: :/'"r"| ├─┤        ──────────────────────
       {   ヽ:\: : /く: : : :/: :/   | :/⌒i,-、_              やらない夫の意気は高い。
        \  \: く⌒ー-、_ノ   H/  /  |:|          自らの仕事を誇りながら入室する彼は
         \_/`'イ`ヽ、      し/  /⌒i          一人の純朴そうな女性を連れていた。
        /-/:\-': : : |○\      し/  /     女性はやらない夫に親しく話し掛けながら室内を覗き込む。
        |-/ |: : |ヽ: : :|○|: ヽ__    し       ──────────────────────

525 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:11:39 ID:jCjdYiIY

      ──────────────────────
            そんな二人に投げかけられる。
      ──────────────────────


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /
                           /\___/\
                         /、-―' ゙、ー- ::\
                         | (○), 、(○)、:::|
                         |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::|
                         |    ,゛-=-'、   .:::::|
                         \   '´`.:::  .::::/
                         /`ー‐--‐‐―´´\
        ____
       /     \
      / ⌒   ⌒ \
    / u (=)  (=)  \
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /
                             . … .
                            :/ノYニヽ :
                           :/ (0)(0)。ヽ :
                          :/::::⌒`´⌒::::\ :
                         :| ,-)    (-、.|:
                         :| l rヽ/⌒ヽノ | :
                          :\{/   //:

526 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:12:10 ID:jCjdYiIY



      ──────────────────────
                生ぬるい視線。
      ──────────────────────



      , -‐―‐-、__                          ,. -ォ大、-、 _
     /       、 `ヽ、                     / ´iV//| ハVハヽヽ
    /  / / / ヽ丶 \/                    // i.:.i ` |i |! |` |! :i ',:ヘ
    l  / _j___{___ム_>=イ                      | i |斗ニ―-ニ‐-|:. i:}
    | |'´! ---  -- l. | |                      ハ:.:. k七i`  ´亡ハイ /イ
    | l |"   _  ル| |                         l (ハ、ゝ  __'_  /イィ:.|
    | l |ト _  _ イ ノ| |                     l :i `ー'、  `ー ´  ./,ノ |
    | |/⌒<.o>ヽ | |                     l :i i  i:ゝ、    イ:.i :i |
    | .〈_〉_/∧ヽ_)〉 |ノ                       l :i i  i:.:.:.|  ̄ |:.i:.:.i:. :i i
    人ノ| |>  ̄ ̄〈 |                      l :i :i  i:./     `ヽr- _ i



          //ニニニニニ \
         /: :/: /: : :ハ: :}: \:\
         ,': : {:_/」ー┘ー'、ノ :! : :'.
      ,、_j:│「  イ  ヽ ヽl: l:N                        ,、
      ヽ_|: l;ハ弋::ナ  弋:ナハ」´                   _,.-‐─-/ ヘ‐-、_
         |:((`  r、_   j゙:|              /        |   `ヽ、
         |: :Y^ト、 `ー'´  イ: |              /     i  λ:: |: ヽ、  .ハ
.           / :│ | >ーァ个'| :|             | iノ .:  | 'フ´|::. j`ヽ、| λ |
       /:∠:| |   ん、l |_:|                |/ : : .;イ´j/, j;:/  , リ 〉 ヘj
      /`\::「: |ー、   >「: | \                 〈 : :/::|  ┃ ,H  ┃ ∧ノ ,〉
                                 V}`|: ::|.`‐-‐'  `‐-‐'〈::::j,/{
                                  j ::| :.:|、""" {_,フ "jY77ァ:. |
                                  | ::| ::{ `>‐-‐{ニニ二}: : |
                                  ノ ::丶、ヽ、 |__{ニニ二}: :. |

528 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:12:51 ID:jCjdYiIY

          _  __\ヽ
       _,.-( ,、Y´: : : :`ヽ!_/´ ̄)
      |: : : :,.ゝ` |:ハ: : :/ヽ: |∩ |:`ヽ、
      }: :/: : ;Y/\ヽ://ヽヽ'": `i: {
      }:/: : : /: :| ○  ○ |: |: : : :Y    あ、あれ?
      ,入: : :YiY〃 ,‐、 〃イ::|: : : :|
       {'"Y´ ノ`ヽ、└┘_,イ-゙!: : : ノ
           `ヽ/: |: :X: : /:| ヽヽ/
          /ニ: V|o|Vニ:ト-'"
          |: : : : |o|: : :/






            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|      なんだ? この空気。
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

530 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:13:35 ID:jCjdYiIY

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      “5人目”
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     ということですか。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /





     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|    ああ、王たる資格を持つ、王の血縁者。
  |    /,.ー-‐、i  :::::|    居るか居ないか藁をも掴む思いで捜索を始めたというのに
  |    //⌒ヽヽ  .::|    想像以上に多い“王位後継者”だよ。
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/    ──────────────────────
   /`ー‐--‐‐―´\         そう、この場に居る女性の全てが
                         王になる資格を持っていた。
                           王族が全滅した時は、
                   皆が次の王位を絶望的に感じたことを考えると
                       大収穫と言えるのかもしれないが…
                  ──────────────────────

531 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:14:22 ID:jCjdYiIY


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)       え?
. |  U  (__人__)          ここに居る女性の全員がそうなんですか?
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ        ──────────────────────
   /    く  \           国が求めていたののはただ一人の王。
   |     \   \             今度は5人の女性のうち、
    |    |ヽ、二⌒)、        誰を王位に座らせるかが問題になる。
                  ──────────────────────

533 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:15:04 ID:jCjdYiIY

        /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ          年齢的に殆どが今代、いやもう先代か。
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\         先代王の子種だなwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|___    流石は名高い“種馬王”だっていうwwwww
( ___、  |-┬-|    ,_  )
    |    `ー'´   /´ //
    |            /   ( i)))
                ヽ)





         ____
       /     \
     / \   / \
    /   (○)  (○)   \      でっていう!
   |      __´___     |      不敬ですよ!!
   \      |il!|!il|    /                    名前:できる夫・パーソク
   /       ̄ ̄    \                    種族:人間
                                          年齢:20
                                          性別:男
                                          職業:近衛騎士




                      r‐ ' _ノ
            / ニYニヽ     _ ) (_
          / (0)(0)ヽ   (⊂ニニ⊃)
         /  ⌒`´⌒\  `二⊃ノ     褒めてるんだよ。
        | ,-)       (- |   ((  ̄      雄として。
        | l  ヽ__ ノ‐┼¬U
         \  ` ⌒´  /
        /        ヽ
       /           ヽ                  名前:でっていう・ヨッシー
       |           | |                 種族:リザードマン
       ヽ_|         |丿                 年齢:43
         |         |                        性別:男
                                        職業:近衛騎士

534 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:15:52 ID:jCjdYiIY

    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |    まぁ、
  .|::::.,(一),   、(一)|    探すのが僕らの仕事であって。
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |    決めるのは仕事ではない。
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´







    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |    これで全員集まったね?
  .|::::.,(●),   、(●)|    七老会の方々に報告に行くとしようか。
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |    姫君達をお連れした騎士はついてきてくれ。
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /     それ以外は別命あるまで待機すること。
  /   `一`ニニ´-,ー´

536 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:16:30 ID:jCjdYiIY

            ──────────────────────
            ダディは皆に声をかけ、先頭を切って歩き始めた。
                王位継承権を持つ姫とその騎士達は
                 ダディについて無言で歩いていく。
                   向かうのは王不在の現状、
                最高決定の権限を持つ七老会の下へ。
            ──────────────────────





:::::::i:: :: :: :.|     |      \  \ .:.:.:..::.:.:.::::::|::: :.    !: : : : : :|           |  ∨    | :: :: :: :: :: ::/
:::::::|:: :: :: ::i    | ‐―‐‐ ‐‐ \_    .: .: .::: .: ::|::: :: :.   | : : : : : |  ―‐ ‐―   l        | :: :: :: :: /
:::::::|:: :: :: : :     |  ―‐‐‐‐ ‐‐ フ  : .:ヽ.:..: ::.:::}::: :: :.   |: : : : : | ―‐‐ ‐‐‐ |     i   |:: :: :: /
ヽ:::|:: ::::::: 」     |  ____ _ _ _ \.::: :::: :::.::::::.|::::::::.: .: .::i: : : : : | __ __ __,  |    | . : |:: :: r'
 }〈:: :: :: {    _〉            ヽ:: :: :: :: :: |::::::: :. :. :.|: : : : : :|           |     { . : {: ::.〈
/::::::\:: :: :.i   _ノ   _____ __   ):: :: >:: ::|::::::::::::::::::{: : : : : { _  ___ 丶_: :.」_ノ :: :: \
:::::::::: / :  ̄´: \           〈__ ::}:: :: |ヽ::::::::::::::.ヽ: : : :/.:〉          /: : ̄´ \:: :: :: ::〉
 ̄ /: : : : : :.\             / r`ー':: \ヽ:::::::::::{ rー   :/      .::::::::/: : : : : : \ ̄
  {: : : : : : : :〉        /.: .: .: .: .:. ::::::::::}ーrヘ__|__.ィ―「     .:.::::::::::::〈: : : : : : : :}
   ー-=ニニ=‐´_____ _ _ {ヽ_.: .: .:__.: /::rニ=㏄弋)=ニ){ ―‐‐‐‐‐‐ ‐ .:.::::ー-=ニニ=‐’ ‐―‐‐ ‐
                     .:.::::`ー-=ニニ=レ:::.:.: /rヘm、ト、\\
                    .:.:::::::::::::::::::/::::::: (_ソ^ミ爻シ^スrヘ) ヽ
                 .:.::::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::::.:.::.:.:.::.:. : : : : :/}
            .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L::::ヽ:::.:._:.:.___ _ノ |
                  .:.:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ=ニニ二__二ニ=一′

537 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:16:57 ID:jCjdYiIY


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



.

538 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:17:41 ID:jCjdYiIY

              ──────────────────────
                七老会とは任期中に目覚ましい功績を上げ
                引退した7人の貴族で構成される機関である。
                    七老会は王の相談役となり、
             その人脈や経験から行政や軍事の手助けを職務とする。
              さらに王が行政能力をなんらかの理由で失った時
             一時的に最高の行政機関として機能する場所でもある。
              ──────────────────────



     \]\                                                   /[/
         \]\               | ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄|                  /[/
          \]\              |___| __ |___|                 /[/
          \]\                   _|   |_                     /[/
                \]\      | ̄ ̄ ̄ ̄|  |   |   | ̄ ̄ ̄ ̄|      /[/
                 \]\     |____|  |   |   |____|    /[/
                 \]\           /| ̄ ̄ ̄|\            /[/
                 \]\___    [/| ̄ ̄ ̄|\]    ___/[/
                  \____ ヽ /l |      | l\ / ___/
                          ヽl|   ト|    |イ   |l/
____ _                  |   |l|    |l|  |                  _ _____
       |   ̄ ─- _              ┌‐┐  | l|    |l| ┌‐┐            _ -─  ̄  |
       |          ̄T、      /| ̄ ̄|\|_:l|┌‐┐|l:_|/| ̄ ̄|\        /| ̄        |
   __|         |\ || ̄¬ |  |__|l/| ̄ ̄ ̄ ̄|\l|__|  | l¨ ̄l| /  |        _|____
 ̄ ̄  |  ̄¬─- __ |   |:l| ̄ ||/|    |l  |____|  l|    |\| |  ||:|   .|_ -─  ̄   |
      |       T 7\ |:l|   ||  |    | /|      |:\l|    |  | |  || | /¨|          |
      |          |   >' ----- |  |    |   |      |  |    |  | -----`<  |          |
      |          |   |       |  _-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄T‐-_  l|      |:  |          |
      |          |   |\_ _-‐  ̄   l|_________|    ̄‐-_  _/|:  |          |
    _|_____|_  |、  |  _ -‐  ̄ |             |  ̄ ‐- _ |  _|:  |_____|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|  ̄ | ̄     |             |      T  ̄ l|/ ̄         ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |       |             |         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

539 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:18:29 ID:jCjdYiIY


          ──────────────────────
                 ダディ達が議場に辿り着くと、
               そこには既に老人達が待っていた。
            どの老人も長い経験が皺として表情に現れ、
                威厳のある佇まいをしている。

        中でも目を引くのは議場の中央に座する麻呂翁であった。
            経験豊富な七老会の中でも最長老であり、
           侯爵としての身分こそ後継に譲っているが、
           今なお国家の重鎮として活躍する傑物である。
          ──────────────────────






【威厳のある七老会の皆様】
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'
                           ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
                           ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
                           {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
                           ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
                          fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
                          { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
                          t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//
                          ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
                           `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
                            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
    名前:麻呂・ジップクレ           li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
    種族:人間                   t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
    年齢:72                      ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
    性別:男                      /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
    職業:七老会筆頭                 , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
                          / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
                        ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
                    ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"

541 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:19:10 ID:jCjdYiIY

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|     名誉ある七老会の皆様、
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     近衛騎士団団長である私、ダディ・クールが
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|     任務終了の報告を述べさせて頂きます。
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\    ──────────────────────
                           そんな老人達の前に
                        ダディは進み出て頭を垂れた。
                  ──────────────────────





        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'      うむ。
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /       よろしく頼むでおじゃる。
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |    ___,. -、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |    ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./   ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
               ̄`ー─--─‐''" ̄      / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
                              /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
                              /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
                             /      /    ゝニ--‐、‐   |
                            /           /‐<_   ヽ  |ヽ

                                    ──────────────────────
                                             そんなダディに対して
                                         議長でもある麻呂翁が鷹揚に頷く。
                                    ──────────────────────

543 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:19:53 ID:jCjdYiIY

    /\___/\
  /        ::\
  |               :|    まず、事の発端は6ヶ月前。
  |   ノ   ヽ、   :|    王、王の弟妹2名、王のご子息16名が一斉にお隠れになったことから始まります。
  | (●), 、 (●)、.:::|
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \







  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;/;;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'            ,;'´ ,,  ァ'     痛恨事だったでおじゃるな…
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ニシ'   |、ニ'     典医のほうから原因は特定の血族にかかる伝染病のようなものだと
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ      報告を受けているでおじゃる。
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´         ──────────────────────
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_            ダディは肩を落とし、麻呂翁も目を伏せる。
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、           議場全体が重い雰囲気に包まれる。
                             ──────────────────────

545 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:20:38 ID:jCjdYiIY

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|    王は国の要。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    王の不在は国の崩壊を意味します。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|    従って我ら近衛騎士団は七老会の皆様の命により、
   \  `ニニ´  .:::::/    市井から王の血統を探す任につきました。
   /`ー‐--‐‐―´\





    /\___/\
  / ⌒   ⌒ ::\
  | (●), 、 (●)、 ::|     本日、近衛騎士団は全て帰還しました。
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|     そしてお喜びください。
  |   ト‐=‐ァ'   .:::|     王の血統、見つかりましてございます。
  \  `ニニ´  .::/
  /`ー‐--‐‐一''´\






                〈::::::::::::::::::::`丶、/_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::
                /ミ了`ー- 、::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄:::::`::::―‐
                 lミミ   (三シ`‐---  ___:::::::::::::::::
                  lミシ  ,.        ヾ三)    }三三三
               fi7  . "  `、 :     _ _    ヾ三ミ三   おお!
               | !  ' 、==z、ヽ|:  , '"  丶   `}ミミミ   それは目出度い!
               |i|  ` `二彡/    、ー==、、:   |ミミミ    でかしたでおじゃ!!
               lリ      _/     `二ニ``   |ミミ/
       ,. ''´ ̄ ̄ ̄`ヾ!:、    f´'′  :^ヽ        ,.lミ/
     /         l ` :r '´`^'、__,.-、ノヽ、    ,. " }シ
            _,. -‐ '゙´ヽ { 、-- 、:.:__   ヽ...  '   /}\
     ,. -‐ ''"´     /,ハ ヾ`ヾエエェェェ>-     , 'ノ   ハ、
             ,. -, {{(  ヽ `丶`二ニ´      /´   | |
              //ヽヽ、 ,ヘ          , '´     //  ──────────────────────
             、ヾ、 \\| ヽ、       ,. -,:'´     //      老人達は皆、喜色に満ちた表情を浮かべた。
            /ヽ、``ー`、_`丶>---_彡'"´     //              国の大事に
           /   ` ‐- 、` ‐--`ニ==----――'´/      皆が神経を擦り減らす重いをしていたのであろう。
                                         老人達は確実にほっと一息をついた様子だ。
                                       ──────────────────────

546 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:21:25 ID:jCjdYiIY


    /\___/\
  /        ::\
  |               :|
  |   ノ   ヽ、   :|    しかし一つだけ問題が…
  | (●), 、 (●)、.:::|
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \





    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |
  | (●), 、 (●)、 |    ここにおられます婦女子5名。
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    全員が王の血を引かれておいでです。
  \   r‐=‐、  .:::/
  /`ー `ニニ´一''´ \







     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
      .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|
      |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|
     |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi
    /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi
    ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi      ──────────────────────
    ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ∥             しかし老人達の安堵は
   ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|           ダディの言葉で一瞬で崩される。
    ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|      ──────────────────────
   ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l
    ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l
     `卅ヾi : : : .::: ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
     ' 'ヾ| ', : : .::: 。≧       三 ==-   ━━┓┃┃
       ヽヽ: : ::: -ァ,        ≧=- 。 ,     ┃   ━━━━━━━━
       ,、.|: :ヽ: ::.. イレ,、       >三  。゚ ・ ゚  ┃               ┃┃┃
      /i |ノ: : : ヽ:≦`Vヾ       ヾ ≧                          ┛
      /:ヽ\: : : : .。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
   _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_
 ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、,,

548 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:22:09 ID:jCjdYiIY

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l     え、なんでそんなに居るんでおじゃるか?
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<     麿はせいぜい2人くらいかと…
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
  ,イ´     /        /               /
  / /       /         /            /






    /\___/ヽ
   / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
  . |(●),   、(●)、.:|    えー…
  | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.:::|    先々代王は正室を溺愛し、他に女性を作りませんでした。
.   |.u   (^ー^>  。.::::::|    その点、先代王はその…
   \ ゚  ⌒´ u .:::/    少々悪い癖というか…
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.   プレイボーイで知られた方でしたのでおそらくは…

549 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:22:55 ID:jCjdYiIY

        /:;:;:``丶、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;``T;:;:ー――;:;:'';:";:´ ̄;:;|
       /三'ー- 、:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:___;:;ョ――彳
       !三、 r=ぅ` ̄ ̄,二、    _Z三三ミ'、
       ,'ミ'^   ̄      ゙ー'   -ニ,三三三;}
       lミ,! '´ ̄`゙ヾr'_ 、_,-' " ゙゙ " '  'ヾ三三ム、     あー…
       {ミ! `、二ニ'` =キ ー‐--_;彡'  }三シT'i|
       ヾ!    ,ィ:   :.、` ̄´     ,}三/i Y/
       l !   /(_  ,,..ノヽ      }三リ レ/      ──────────────────────
       { l,  /   `"´   ヽ     }三、_ノ       麻呂翁は先々代王にも先代王にも仕えた経験がある。
       `'、 '  fエェェェz、、 ',     彡z‐ミ、        ある一部で非常に対照的な二人の王の姿が
         ヽ   ゙トミ二二≧) ;  i    シ} ヽ、          麻呂翁の脳裏にまざまざと投影される。
          ヽ  `'ー'-'-'‐'′ノ ,'  / / /:.ヽ      ──────────────────────
            ゝ.丶 ̄ ̄´ '" ノィ"  / /:.:.:.:.ヽー 、
         /イ`i 、 ___,. ィ゙´ヽ',/ /:.:.:.:.:.:.:.) ,}、
    _,. -―ァ' /:.:.l 丶   :.:.:.:hj.  / /:.:.:.:.:.:.:./ / 丶、
_,. - '´    { ヽ:.:.:ヽ ヽ、   } / /:.:.:.:.:._,.:-'゙ /     \

550 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:23:30 ID:jCjdYiIY


                      q!
                      |:|
                  |::|
           di        |::|         ib
            ll        |:::|         ll
               l:l     |:::::|      /:!
            l::!    |:::::::|     /::l
       q、      !:l    |::::::::|    /:::l     ,p
        ヽ      l::ヽ  |::::::::::|   /::::l     /
        ヾ:、    l::::ヽ |:::::::::::|   /::::::l     〃
            ヽ:\  l::::::ヽ|::::::::::::レ':::::::::l    /'         ──────────────────────
    o、    ヽ::::\ !:::::::i:::::::::::::i::::::::::::l  /::/     ,o         戦を好み、荒々しい気性で知られるも
     ヾー、   ヽ::::::::::l:::::::|::::::::::::::|::::::::::レ':::::/    /'              愛妻家としても知られ、
      \::::丶、 ヽ::::::|!:::::ハ::::::::::::ハ:::::::/:::::::/ ,、-'´::/          生涯ただ一人を愛した先々代王と
          \::::::::ヽ:::::||::::{ ヽ::::/ }:::イ:::::∠-"::::::/        ──────────────────────
            \::::::}::::|ヽノ   ∨  レ::j}:::/::::::::::/
              ヽ::|ヽl      i /::;ィ |/}::::::/
   o―――-----ヘ:|j      /::/∥'{|::∠----―――o
        ̄¨ ‐-、::::::くニニフ::_∠_」L.ィ7::::; -‐ ¨ ̄
          _,ゝ:|ヽ;:::::::_ノ 「`=゜F´|:::く_            名前:剣八・マキャヴェッリ・ザラキ・ロウダリア
    o‐=ニ二_:::::j|V:::/´   |il  ∥〃:::::_二ニ=-o      種族:人間
          , ィ´|ヽ:/   、 /  // ハ<                 年齢:死亡
       _、-'" / /||l ヽ、__ヽ'__jィ/ } | |\               性別:男
    _...- ¨   / /::|{:ヽ∧     // /:} l! l  ` - ._            職業:先々代王
    ''        / /:::::|ヽ:ヽヘ    /〈ノ::/||:|  l     `丶 、     備考:正室1人、側室無し
.          | |:::::::| ヽ::ヽ二二/:::/ | |::l  l        "'ー
.          | |:::::::l!   \::::::::::::::/ | |::::|  l
.          | |:::::::||ー--、`ー一',-一1 |:::::|  l

551 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:24:10 ID:jCjdYiIY

              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
          二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',            ──────────────────────
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',                    芸術に深い感心を示し、
      i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',                  自身も優れた芸術家であり。
      l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_ r 、                文化面で優れた功績を持つが
      l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ) (ヽ、`\             類稀な女好きで知られる先代王。
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/\ \ \      ──────────────────────
.     l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   \ \ \_
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/ r--‐-、>、    `ヽ
        \|\!\  ′          ∨   ` ‐-、 ``       `、
         ヾ ヾ 、    ー ´    ,   ヽ、    -\         `、   キラッ☆
          _, r ´:`  、      , ′ 、   |  !:.:ヽ : ヽ         ヽ
       _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.....` ー <´    ヽ  |  |::.:.:ヽ: : ヘ       `、        名前:誠・アイザム・イトウ・ロウダリア
    _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.| .ヽ   -、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、  _______i_       種族:人間
   /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  | ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,, ..---┴‐,     年齢:死亡
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l     性別:男
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l ゙'   !   !  ヘ/|:.:.:.:.:.:\/::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l     職業:先代王
  l:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ__/    |:.:.:.:.:.:.:./!:::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:l    備考:正室(なぜか)2人、側室6人
  /:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.|    / ヽ    i:.:.:.:.:.:.:/ ヘ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ       お手付き不明

553 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:25:01 ID:jCjdYiIY


     あの方なら仕方ないね…
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   嫁と子供多すぎワロタ
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  そもそも正室2人ってなにさ…
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'   馬鹿っ。それ言うとまた王妃様たちの喧嘩が始まるぞ。



        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l     と、とにかく近衛騎士団の諸君はご苦労であったでおじゃる。
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'     下がってよろしい。
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /
     /r‐'":::::::::| |ヾ  U     /__.   l    /
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |    ___,. -、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |    ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./   ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
               ̄`ー─--─‐''" ̄      / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
                              /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
                              /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
                             /      /    ゝニ--‐、‐   |
                            /           /‐<_   ヽ  |ヽ



    /\___/\
  /        ::\
  |               :|
  |  ''''''   ''''''    :|  ははっ。
  | (ー), 、 (ー)、.:::|
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \

556 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:25:59 ID:jCjdYiIY

        |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
       i三``ー- 、,,_;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;::--‐‐一=ミミ三三ニニi
     i三  ,--、 ``"´ ̄_,,,,,、     ミミニ=ニ三三i
      |彡,  ヾ='     !ニ彡'    ,シミミ三ニ三ミミi
     |;ツ         :    .      `゙ヾミミ三ニミミ'
       l;|   ー-- ' .: ,,.... ,ィ -ー‐-、    ヾミミニ三ツー-、
      l;l 、_    _ .: `゙;:'       ヽ    ミミ三ニノ⌒i.|
      ∥ ヾヱ'孑 :.   '、ヾ弌ヱ='"´   ミミミミシ:`) i.l        ふぅ…
      l   ー‐'" .:   ヽ\ ̄      ミミミ' ノノ//          さて…
      ',     ,.::   、,.            ミミ/  '/
       ',     / :.   __ い、.        ミソー-;"
        l    / ` ー‐"´′ ヾ       ミツiノソ
         l  '   : :     ヽ、     〃 i、ヾ、
          ',  _,、-ニ=ニ==、,, 〉      /ノl         ──────────────────────
        ヽ  ヽ、`゙"´,,/  ,,、  ,.  / ,' i,-‐- 、          麻呂翁は深く息を吐くと懐に手を伸ばし、
          ヽ    `゙゙゙゙゙     ´ .///, -‐'"::::ヽ          中から金属質の物体を取り出した。
          ヽ.        , /,,. '/ '"::::::::::::::::::::ヽ   ──────────────────────
            `ー--‐一''"´  /::::::;;;;---‐‐‐‐‐‐┴-、
            /l |    _,, -‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
       _,,,,,,,//、y-‐'"´;;;;;;;;;;;;_;;;;::-‐一''''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-
       _i_,, -‐"´;;;;;;;;_;;;-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   i"´ ̄;;;;;;;;;;;;;;;-‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

558 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:26:38 ID:jCjdYiIY


         ──────────────────────
                 取り出したのは王国金貨だ。
             純度の高い金でできた、大ぶりの硬貨で、
                 500年前に大陸を統一した
            統一王の肖像画が綿密に掘り込まれている。
         ──────────────────────


                                            i    
                     _.。ャぁて丕刀フ7ゎ。._          __人__   
                   ,.ィ炙ヲ㌍≠┴⇒弍j込ス>。        `Y´   
          .        ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、       !    
          .        ;夕フア´ .ィ_´ ̄`┴ 、       \ホi心.
                んfiУ  /ト、 =/ /_lト、 |      ▽ij∧
               从j'Y   N f/ ∧{:l レノ        ∨iハ
          .       斤W _. 「‐个、/ /l  -/           ㌣い
               |友カ /..へ|/L-ァT:‐:‐:‐:‐ァ‐‐:、    }ソ川
          .       い叭 /l::::::::::::7:/{ |。|゚|‐|_|_K}‐|‐|    仄ガ
          .     Wi从 \ 二Z:::::::ト、_.イ {_L|?〉    从ノリ
          .      ∀t△  T_/ ∧_.、 /ト‐‐|ニ|‐┘ ∧fリ/
                ゙マじへ、 Y´_l__|./  K>| /リiУ
                 \夊i㌧、_             ,.イ!刋/
                   `マ才i「≧ェ。。.。。っ夭テ少'゚
            i         `゚'' ミ芝玉竺壬云=‐'´
           __人__             ̄ ̄
            `Y´   
            !

559 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:27:19 ID:jCjdYiIY


         ──────────────────────
                  麻呂翁はその金貨を
            手元にあった陶器のカップに打ち付けた。
                  澄んだ音が議場に響く。
         ──────────────────────


                                       ,. -- 、
                                     ,. '´イ   }
                                  ,  ' _,. '
                                 ,. '´         , '
                     ,. 、 __ --‐ ' ´        ,. '
              _  -―ヤ´               ,. '
        ー-/ _/` ー-                ,.  ' ´
        /           { / / _ -‐´
       /  __            ∨ / ̄       ,. ' ¨ヽ
.       /     \   ヽ{.      `〈ー一' ー― '´      }
      /             ヘ、      \          ,.イ
  ヽ、        ヾ      ヘヽ.       \      , '
    ∧      ヽ.     ヘ. \      ト----‐ ´
    ∧       ヽ      ヘ_,\      ∨                ___
     `丶 、      ヽ    }   ∧    ∨       r── ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄──__
         `丶、   ヽ ''"" .l   ∧     ∨    ∠´                           ヽ
.             ヽ. -‐ ヽ   l    ∧    ∨   |-、                           _ イ
.               `丶-ヽ.  j       ヽ 、__ 〉.   |  `丶──--______--── ̄    ノ'
                    ̄      ` ー‐ '    ヽ                             |
                                 ヽ                            |
                                ,.,,ヽ                         |
                            ,,, ,,--''´r'ヽ                          ノ
                         , .‐'´  -:'"゛  \                     /// `''ー-、
                        r'    r' . : ::.     ヽ               , <二/''ー-、    ヽ、
                       (     lヽ、  . : ::     `--_____--´:::j      ノ      )
                        ヽ、   ヽ、 `''ー-、                ,,,,,,/,--‐'''´    ,.-'´
                           `''ー-、,  冖ー--、,l_ /`''ー'`''`''ー'-─'─‐-,ノ,,,,,,,--‐'''´     '''´
                              冖ー--、,________ _______,,,,,,,--‐'''´

560 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:28:01 ID:jCjdYiIY

               /㍉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡三三i
                l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:〟-三三三三三l
               l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l_
              lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ
                  l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//      さて、七老会の同士諸君。
                   ∥ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/       我らの王を決める話し合いを始めようぞ。
               1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/        王の不在により七老会筆頭の権限を持って
                 ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′        議会の開催を提言するでおじゃ。
                ゝ、  / :.  :r-、        彡′
              / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
          _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、
      _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、
    ‐'"´        ヽ. \::::::::\ ー-‐‐'      /  //:::::::::::::}  ) `''ー-、
 /            \ \:::::::::ゝ、___,,.. ‐ "   //:::::::::::::::l ,'     `''ー-、
'´               \ ヽ、;:::::ヘ 、       //::::::::::::::::ノ /         ヽ





     七老会の権限を持って開催に賛同します。
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧     同じく賛同します。
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)                   ──────────────────────
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ     同じく                麻呂翁は響いた音で視線を集めると
  u-u (l    ) (    ノ u-u                            会議の開始を宣言した。
      `u-u'  `u-u'      同じく               王のような権限を持たない七老会はこのように
                                          七老会のメンバーの賛同を得ないと
                                            会議を開くことができない。
                                    この場では七老会全員の賛同を得ることができたようだ。
                                     ──────────────────────

561 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:29:07 ID:jCjdYiIY

      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i      諸君の賛同に感謝する。
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i       それでは議会を開催しよう。
     ノ,.-| i::i          |   i      議題は“お連れした王の血統5名のうち、どなたに王となって頂くか”
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /       でおじゃ。
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,

563 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:29:44 ID:jCjdYiIY

        まぁ、王を決めると言っても急には無理だよね。
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   そうだね、情報が欲しいかな。
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u    今までどんな生活を送ってきたかとか聞いたほうが良い?
     `u-u'. `u-u'
           どんな王になるのか、なれるのか、とかも聞きたいね。




        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l ′      ふむ。そちらの言葉、至極もっとも。
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'         とりあえず話を伺うことにしようぞ。
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /         そうさな…
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /          まずは候補者殿らをお連れした騎士達は
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_        何処にいるでおじゃるか?
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ
               ̄`ー─--─‐''" ̄

564 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:30:27 ID:jCjdYiIY


    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |     王位継承候補者様らをお連れ致しましたのは
  | (●), 、 (●)、 |     騎士団長である、私ダディ・クールを始めとし、
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     でっていう・ヨッシー、できる夫・パーソク、やる夫・ニューソック、やらない夫・ビップデの
  \   r‐=‐、  .:::/     以上5騎士です。
  /`ー `ニニ´一''´ \





         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//        あい分かったでおじゃる。
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ        では5人の騎士達よ、まずは彼女らが王の血統であることの
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´         証を立てるでおじゃる。
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"

565 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:31:14 ID:jCjdYiIY

          ___
         /     \
       /  ─   ─\      梨花様、これを手にお取りください。
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /





  l  .i  ./   l  ,,,--ナト    l.|-=―- l   ,ゝ
  li l_/    l   , /ニ、--― Lrt--、―フ ´ |
  リ   T ''''  ̄/ひ::ヽ     l:'::::::l ト、/  l     ん?
.  l    l    /l l::::::::::l    弋::: リl/i   i|
  l    l    '-、l.弋_ツ     ゞ='- l   l l
  l    l     lー- '   _'    ,イ   l |
  |     l     l 、        , '     l .l   ──────────────────────
  l     l、.    l ` l ー - '  ト、, 、  ./ |               やる夫は
  l     lヘ    l r-!、_ lヽ  liニ-\ /  l     懐から装飾品を取り出すと梨花に手渡した。
  |     l ヽ    l  , -+- !、/ /ニ- |/  l              他の騎士達も
  l     l  .>   l<  , ll、  l リ、r‐ l   l     同じようにそれぞれの装飾品を手渡している。
  |    / ̄ ヽ   lヽ//l.ト、ヽヘ. /`' /   .l  ──────────────────────

566 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:31:59 ID:jCjdYiIY


                      ,イ
                     ,//,
                  _,//゛/,
                _,/‐'´_/´ノ
              _,/‐'゛ツ‐'" _,/
            _,/‐'´// _,-‐''"/
    ,.- 、   ,.-='.‐'シ''´,.イ'゛´_,.-ッ´
    ⌒l| _/ '´,.-チ-‐'´,/‐'"_,.イ´   ──────────────────────
     ,/,/|-‐''´,.-ぐ_,.-‐ッ-‐''´,/      その装飾品は梨花の小さな両手に収まる程度の
  ,.,=、'゛/ (゛ー''"´_,.イ'´_,-'゛‐ォ‐''゛´         大きさをした美しい羽飾りだった。
  ((___),!、 ゛i二二,゛ツ"゛,,.-'゛´       羽は穢れなき純白で、その先端には細やかな金細工。
  ゞ´三ミ、'ー―‐'゛`´            そして金細工には紅い宝石が埋め込まれていた。
  {|l!i○jl|;l}                 宝石は梨花の手のひらの上でぼんやりと光っている。
  ゞミ三彡'                    梨花はその宝石から、なぜか温度を感じた。
                         ──────────────────────

567 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:32:52 ID:jCjdYiIY


.      }/: : /: :/: :/: :/|: :|.:|: : V: |: : :|
.      レ': /.-/: :7‐/ |: :|:.L.: :|: :|: : :|
      /!:.:/└,ィホ〉'   ヽ|」 l:.ト、ハ :.:|     これは?
      |: :|: : :|.ヒ_ソ    ィホ〉Yl lゝ|: :|
      |: :|: : :| ,,,  '   ヒソ 八|: :|ヽ}
      |: :|: : :|\  ‐  '' イ:|:.:|: :|: :|
      |: :|: : :|: : |/`. フ〔: : :.l :|: |: :|: :|
      |: :|: : :| ̄>≠=、<>-.|: |: :|: :|
      |: :|/l :| /`{ i! } /:/ `ヽ.:|: :|
      |〈:| :l :| l| `ァァ' /:/  ,  |.:|: :|





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    近衛騎士団が王から忠誠の印として賜る団証ですお。
|       (__人__)    |    その先端につけられている宝石は"王血のルビー"。
./     ∩ノ ⊃  /     その宝石は王の血に反応して光を発するのですお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





    /              \ `\
   /   /´,  ,   /   \.:  .:::}::.  ヽ
  / .:: / .:/  .:!  .:l      i_ .:::l:: .   l
  ! .:/ :{   :{, -‐‐{-    ´l__ ` .:|, -‐┘
  !  {__! ィ´!, -‐=ゞ―‐ イZ´!!{´|        へぇ…
  !  .:::!.:`‐|//´{::て    {r1リl::.|
  |  .:::!  .:{ヽゝゞ_ソ    ,`"  ル|
  |  .:::|  :|, ,      _     イ:..!
  |  .::::!  :!ト . _     イ::.l:. !     ──────────────────────
  l  .:::::!  ::! |    ̄!フ:´.:::|::. |::.|        梨花の手のひらで光を発しているということで
  l  .::::::l  .::::!`\、_,l丶.:::::!::: !::.|     改めて梨花が王の血族であることが証明されたのだ。
                               梨花以外の女性達の持つ宝石も
                         ぼんやりと輝いていることが梨花からも確認できる。
                         ──────────────────────

568 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:33:41 ID:jCjdYiIY

            i;:、;:;:;:;:_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i,
             /三、;:;:;:;:;`;:‐-;、、l_,;:;-‐;:';:´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡ニ、
           l三三^'ー-:、、;:;:;:;:j::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐イ彡三三i
           i'l三Ξ.  ,.=ミ`'ー-‐'";ニこ´   ィ彡三三7,.、
           ',lミシ"  ` ̄´    `¨"´    `ーミ三彡7-ヽ
           lミミ, :.  _,.=、、 .   ..: _,.〟、、..:  ヾ彡〃//     ふむ。
            〉l; ::.彳ヾ゚;ハ、:、 ,:' ,.ィヘ;゚ツゞ::'   .::彡/ノ/      確かに王の血族であらせられるようでおじゃるな。
             ヽli. :ヽ.`゙'''"フ`.:  l::. ヽ`゙゙"´.:'  .::::::彡ゝ/       偽りと疑うような真似をしてしまい、申し訳ない。
             `li.  `゙ " .::   l:::. ` ゙ "´ ..::::::::彡ー'′
           _,.ト:..    .:' :   :::::.、    .::::::::::彡′
         ,ィ'´r'"::ヘ:::..   /`'=、__,.ィ'' ' ヽ  ..:::::::::::;ヲ
       ,r‐' ./:::::::::::::ヽ::::.    : :     、.:::::::::::;ノ ヽ、_
    , -‐''"   ヽ::::::::::::::::\ ー-:こ=ニ=一 ノ .::::/l:::ヽ, ヘ`ー-、
, -‐"     ヽ   \::::::::::::::、\ `ー‐--´ " ::// /::::::::i l   `ー-、、
         \  \::::::::::\ヽ、____,./: :/ /:::::::::::l l       `丶、、
          \.  \::::::::::ヽ、::.   .: : : /./::::::::::::ノ /





        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'     それでは。
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /      ダディのお連れした候補者様から始めるでおじゃる。
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /      前へおいで頂けるでおじゃるか。
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |    ___,. -、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |    ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./   ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
               ̄`ー─--─‐''" ̄      / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
                              /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
                              /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
                             /      /    ゝニ--‐、‐   |
                            /           /‐<_   ヽ  |ヽ

569 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:34:28 ID:jCjdYiIY



.   \        /   '  //   ' |_|_/ i     \\      \       \
    ̄\          /  / ,|__{ /    xA叩    ・  ',  \   \
   .\  ヽ.  /  ′ /  / / / /    }  | xA叩 ・  | |   \   \       .       私のことね。
   \_\   i   |    ' ′  ′    ′| |     | |     .     ヽ    |
       \} | i | i |  | | | |    /   ,′ ′    | |     |         |
   -   __ `| | | | |  l,.⊥ L..|_ //  // /}  }| | |  .     |      i
        `l | | | |  | |_,」 ⊥ // ` // //  . 厂 丶|  i     |      xA叩   声br>            | | | ∧ !-‐、――- 、__//} / / / ヽ  . |
          \ \| |V  .  'フ孑iT ア'   /イ}/ /ヽ.   }| |   ──────────────────────
   丶     \,} |' \i|   }シ    /' ノ /  }   /         候補者達の中から一人の女童が進み出た。
   .__  \    \   リ         /     {_ ノ/  i     彼女の腰まで長く伸びるグレーの髪は美しく、
         \    丶/               r‐ 'l    |           彼女が歩く度にさらりと揺れる。
           .\  /丶.__                ′|   l     ゆったりとした服装は身体全体を包んでいるが、
            //, -‐L. _                |   i |         手や垣間見える肌は白く、そして細い。
      ‐-- 、//.イ     {___             |  |  、         いまだ幼いその身は未成熟だが
.         ////,ニY^ト、 c ∧         /  _八   、    その身体は幼いながらもどこか色香を感じさせる。
      ////{{ }|  . └ヘ.___ .  ´| i\/{.   \  \    そしてなぜか彼女は長い布袋を抱えていた。
    .´.  //\ ヽニ'|   |ーr≦._    }_   | |∨    /\   ──────────────────────
   ̄__,//    ヽ }∧  \\__}}  八\j/}\二´イ   \  \ \





  ./  ̄/〃__〃   /  ̄/       /
    ―/  __ _/   ./ ―― / /
    _/   /   /   _/    _/ /_/
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     ──────────────────────
    |  \/゙(__)\,|  i |      ダディも同様に前に進み出て、彼女の隣に立った。
    >   ヽ. ハ  |   ||     ──────────────────────

570 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:35:15 ID:jCjdYiIY

                _,. -─    ー─- 、_
             _.イ_ -‐───── 、 \
           /∠ -‐─‐r──‐-、 /   \
            / / /    / ハ    V     ハ
          / / /    / / 〉   イ   ',   l
         /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !      ふむ…
        / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |      なんだか危うい雰囲気をした童じゃのう…
      ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐
          |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ
          /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !
.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |
          |    ヘ、    ´`      /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j







        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!    うーん…
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|    彼女のこと、どこかで見たことがあるような気が…
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\

571 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:35:49 ID:jCjdYiIY


     //    //   / ∧/ ||  |    |斗─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗- ┼ー||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l       はじめまして。お爺様方。
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l       私の名はグレーテル。
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、        ┴ゞ'ー'  //ヽ} 〉 l  l l       ただのグレーテルですわ。
  \/ /  \ \ ∨厶⊥ゞ'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l      家名は特にありませんの。
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧       ー- -ー '゙     / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ                 ,. ′    ヽ | |  ',
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \
::::::::::::::::::::/         ∧ > 、       ,.イ>            \
                                      ──────────────────────
                                      グレーテルと名乗った彼女はスカートの端を摘むと
                                               ちょこんとお辞儀をした。
                                      ──────────────────────

572 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:36:29 ID:jCjdYiIY


                         〈::::::::::::::::::::`丶、/_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::
                         /ミ了`ー- 、::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄:::::`::::―‐
                          lミミ   (三シ`‐---  ___:::::::::::::::::
                           lミシ  ,.        ヾ三)    }三三三
                        fi7  . "  `、 :     _ _    ヾ三ミ三    ほう、礼儀正しい童でおじゃるな。
                        | !  ' 、==z、ヽ|:  , '"  丶   `}ミミミ    良きかな、良きかな。
                        |i|  ` `二彡/    、ー==、、:   |ミミミ
                        lリ      _/     `二ニ``   |ミミ/
                ,. ''´ ̄ ̄ ̄`ヾ!:、    f´'′  :^ヽ        ,.lミ/
              /         l ` :r '´`^'、__,.-、ノヽ、    ,. " }シ
             /      _,. -‐ '゙´ヽ { 、-- 、:.:__   ヽ...  '   /}\
         ___/ _,. -‐ ''"´     /,ハ ヾ`ヾエエェェェ>-     , 'ノ   ハ、
     _,. - '"´  //'´        ,. -, {{(  ヽ `丶`二ニ´      /´   | |
 ,. '´     / /          i //ヽヽ、 ,ヘ          , '´──────────────────────
'´      /  /           、ヾ、 \\| ヽ、       ,. -,:'´      麻呂はグレーテルの礼に相貌を崩した。
       /  /          /ヽ、``ー`、_`丶>---_彡'"´     いつだって老人は礼儀の正しい子供を好ましく思う
       /  /         /   ` ‐- 、` ‐--`ニ==----――   大人びた彼女の仕草は愛嬌も感じさせる。
                                         ──────────────────────



         可愛い子だねぇ。
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  礼儀正しくて良いんじゃない?
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u   孫の嫁に…
     `u-u'. `u-u'
             お爺ちゃんがお小遣いあげちゃう!

573 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:37:07 ID:jCjdYiIY

        ト、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -‐ '":;:;:;:;:;:;:;_,.ノミ'、
        |:;:;:;:``'ー:;:;:;:''"´:;:;:;:;:;:;:_,. -‐='二三シハ
        ト、_:;:;:;;l:;:;:;:;:;__,. - '"´ 三三三三彡ノ!
        l:::l  二、― 'r―-,_   _三三三彡彡ニヽ
         ヾi  `ー′:. `""´   ` ̄'三三彡片ヽl|
         '、 , - 、、   __,.. .. ,、_,  '三彡'^> ノリ      グレーテル様。
         l イで>、ヽ  ':,ィ'で'>'"   三シ' f ノ /      ダディにここに連れてこられる前、
         l ヾ二フ ,!  ヽ二彡'´   }ツリ ,、_ノ       どんな生活を送っていたか麿に教えて頂けるでおじゃるか?
         '、    l    ,.、      i 川 ├ミ'、
          ヽ   ,'   '__)ヽ、    /``7>、
             ヽ /`ー'i´   \   /  ///>、
           ヽ'、 、_,==ァ=-、_,} / /./////ト、
            \ヾ二"´_,. ‐-.:.:/ /.//////:.:ヽ
           ,. -/ゝ、':、_:' :、_ _:/ / //////:.:.:.:.ヽ‐- 、
          / /:.:.'、 ヾ"゙´ ̄ / / /////'′:.:.:.:.:.ソ ノ )
      ,. -―{ 、/:.:.:.:.:ヽ ヽ.  / / /////:.:.:_,. - '" / ̄``丶、
 _,. -‐ '"´   ヽ `丶、r―--`'-/ / /////''"´   /       `丶、
'´          丶、_` ̄ ̄ / / ////'′ _,. - '′          `丶、

574 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:37:40 ID:jCjdYiIY

                 - .ニ -   ,.-‐
                / /     /v_´,.
              ./ ./      ヘ__/
.               / :/         //:
                / /  /       /く:
            / i  i //-―- _:/  `      生活、ねぇ…
             /  |  i :il     /`ト、
             /  :|i :i _i|_i   .:.|.:
.           /  /|ハ :i トてノ`ドミヾ-`_/
.          ./  ゝ` :.N: | ` ‐-´ `ヽ
.         /   /ヘ ー\!
          /   ://  `-!             ──────────────────────
.          |   ://   人        /      グレーテルはちらりとダディに視線を向けた。
.        | ̄ ̄` 、 /:il.|\   `ー _    ──────────────────────
.         |:.:/|:.:.:.:.:.::\ |'ヘ  \   `
          |//|:.:.:.:.:.:.:::::ヽ `ヘィ:.:` _ -‐






    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|    ──────────────────────
   \  `ニニ´  .:::::/         ダディはそれに対して、軽く頷く。
   /`ー‐--‐‐―´\    ──────────────────────

575 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:38:12 ID:jCjdYiIY

         〈::::::::::::::::::::`丶、/_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::
         /ミ了`ー- 、::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄:::::`::::―‐
          lミミ   (三シ`‐---  ___:::::::::::::::::
           lミシ  ,.        ヾ三)    }三三三
        fi7  . "  `、 :     _ _    ヾ三ミ三
        | !  ' 、==z、ヽ|:  , '"  丶   `}ミミミ
        |i|  ` `二彡/    、ー==、、:   |ミミミ      どうしたでおじゃるか?
        lリ      _/     `二ニ``   |ミミ/      例えば
         ヾ!:、    f´'′  :^ヽ        ,.lミ/       どんな物が好きかとか、どんな友達が居るのか、
         l ` :r '´`^'、__,.-、ノヽ、    ,. " }シ        趣味はなにかとか。
     _,. -‐ '゙´ヽ { 、-- 、:.:__   ヽ...  '   /}\       こういった簡単なことでも良いでおじゃるよ。
         /,ハ ヾ`ヾエエェェェ>-     , 'ノ   ハ、
      ,. -, {{(  ヽ `丶`二ニ´      /´   | |
       //ヽヽ、 ,ヘ          , '´     //
      、ヾ、 \\| ヽ、       ,. -,:'´     //
     /ヽ、``ー`、_`丶>---_彡'"´     //
         ` ‐- 、` ‐--`ニ==----――'´/










    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l
::::::::::::::::::::\>、__\\∧       ー- -ー '゙     / ̄\l | l
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ                 ,. ′    ヽ | |
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !
::::::::::::::::::::/         ∧ > 、       ,.イ>            \
                                   ──────────────────────
                                         彼女の頬が愉悦に吊り上がる。
                                      グレーテルは手に持っていた袋に手をかけ、
                                           布を一気に取り払った。
                                         袋の中身が白日の下に晒される。
                                   ──────────────────────

576 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:38:43 ID:jCjdYiIY

            ──────────────────────
           中から現れたのは古代文明の兵器で銃と呼ばれる物だ。
            それも大の大人でも扱うことが難しそうな大型の物。
                それを彼女は片手で軽々と抱えている。
                   そして彼女はにこりと微笑んだ。
            ──────────────────────


    \::::ノ\l^!_
     /\ノノ:::|::7
      〈::::/\L:」/\
      ̄ \\ヽ::::::\
         \\ヽ:: ノ\      ,. -─‥─- 、..__        r‐、
          \!)\∨ \  ,. '´彡´ -‐ ̄ ̄‐` ー- ̄-ニ =ー\ト、        `丶`丶、
            〉、:::::ヽ:::::ム/ /~入-‐ 二二ニ =ー─=三<二>云_ヽ    zミミミミヽ、 、、、
              〈::〈|\::::ヽ::::\/:/\ミt、         t===//ノ ハ`\  ツ´++ヾミ、ヽヽヾヾ
           _LC_ |\:::ヽ::::寸-‐`ー'' ───---- ‐ィ///ノノ } ヽ Y++++ハヘヾヾヽ
           /,//ハ≠≧\::ヽノト、r─ ------ ─ _ 千///// / /_  /ィ- 川+、++++',++++
           人_' _ノ/ / /|云/_」 弋三仁ヱュzz--∠トトN l l'´_`//r_チjノ+、++、+++',+++
         (/:7:{_| 〈 〈/ /|;;;;\...... /\ ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::: ̄`代´┴'` 、"从++ \++++!+++
         〈_:_:_:_ノ Y / / \;;;;;\./   \_-三イ::::::::::::::://仆 、 _r_/入__++ヾヽ+++lリ++
         ヽ>ヽ> { {  l { /\;;;;|{{ <ニニコ\彡\::::::く_/ ノヱフ´   }}:::::::`ヽ+ ヾヽ++ /+++
             (l 戈 ヽヽl{ 彡/\  \\ ()  〈::::/ソ}}/77介t、_{{:::::::::::::: \+ミ!+ノ++!+
              `ヽヽハ八( /// \  \〉|__ |:/ソ::::廴ムz{}}:::::::::::::::::::::::::::::::::〉+ノ'´++/+ +
                ソ ノ  ソl上|   /弍、___∧ }ノ{/::::::::::::::::::{}}::::::::::::ヘ::::::::::::::::://++/+ ++
                     \\/`ー{ーくー'\:_: :::::::::::::::{}}::::::::r─‐─‐'' "´++/+ + + j+
                        ̄_/辷人  〉〉::::::::::::::{}}::::::人´+ + + +++++ + + +〃+
                       之/::::::::::::}ニ| //::::::::::::::::{}}:::::〈、士ー--─ "´+ + + ̄ ノノ+ +
                          {{{{ :::::::::::::|ニ|//_::::::::::::::::::ソ:::::::::\ー --‐──+  ̄+/+ + +
                       _茨}::::::::::::: \ソ/l|::::::::::::::::l!::::::::::::::::} ヽ+++++++/+ + ++
                     ,rzrツ´::::::::::::::::::::/l|::::::::::::::::l::::::::::::::::::|+ ヽ、+__+__+ノ+++
                   r少'´::::::::::::::::::::::::/んハl|::::::::::::::::!::::::::::::::::::|++++++++++
                  r彷::::::::::::::::::::::::::::/んハ/l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ+++++++++
                  {{{{:::::::::::::::::::::::::::/んハんl|:::::::::::::::::::::::::::ノ:::丿::::\+++++++

577 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:39:18 ID:jCjdYiIY


             //  /   /::/ / /  ∧::,\::イ
            / ,'   '  /  L/ / '  ! ハ::', ヽヽ       私の好きな物は血と悲鳴。
        // {   {  |  |   ! l   l l T  ハ ハ      友達は"この子"。
          //   '   l  |斗┤- l  l   | ! !  ! | ハ      趣味は人殺しですわ。
       //   ハ ハ 从 A |   |  l  斗| 、|  | i| |
.       //   ∧ V  弌之外 ̄ ` ≦_// ' / / '              /
.     //    ' ∧ N ゝ  ̄`    代 fミ/イイ ィ                /
     //   / /_iハ       ,  ` ̄ / イ |                /     /
.  //   / / 、 ハ     {`  ァ     /ィ  l  !             ,<     /
../ /  , ´  ̄ ̄ヽ ヽ ヽ   ー    , 个 |  |  |            /  \/
.  / / : : : : : : : : : : \\>  -‐<   | |  |  |       /     ト 、r 、
  / /::: : : : : : : : : : : : : : :\}、!  ̄\__'  |  |  |      /      r 、ヽ ヽ
. / {::::: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽゝ=、 、\:: : :ヽl  l  |   __/ / `      ,\ \ ヽ
,'   !:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽゝ ヽヽ ヽ:: : :\l  |  /  /ヽ /   / / ヽ
   l::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ V/    ヽ: : : \ /  /  /   / /

579 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:39:52 ID:jCjdYiIY


               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ    へ?
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
  ,イ´     /        /               /
  / /       /         /            /


    ______________
   /|//              / / /|
 //|/ /         // / /  | カチーン
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.///.|
 |/ |   .∧,,∧.  ∧,,∧./// │   .|
 |  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧.  .|   .|
 | (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`) .│///|
 | | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ ./| .   |
 |  u-u (l    ) (    ノ u-u / .|/// |  ──────────────────────
 |       `u./ '/u-u'       |  /         愛らしい童女の口から滲む、
 |//    //    //    .|/                暴力の匂い。
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            それは周りの人間を呆けさせた。
                            ──────────────────────

582 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:40:36 ID:jCjdYiIY

                             /|____
              ____,.-‐──-,ィ´|-‐─_'l   \  /
          ,ィ´       ∪     |::   ゛`ヽ、  |_>
        /  ノi    |     :. |::.       \
       /  (_,ノ  | |、  i  i: |、: i     \、\
        /  /    | | ∨ |  |: | | |     ヘ ̄`     まさか!?
     /   :,'    ,.-‐|‐/  V  人{‐|-|、     :.ハ      ブラッドバス・グレーテル!?
      |  :/  i:::  / j/   |  /   j,/::∨    i: |      あの殺人鬼がまさか王族だったの!?
     | /   |::: /  r'ュ  j/ r'ュ |:::::::∨   |: |
     ∨,'   |l'Ylヘ. |l l|       |l l| l:::::::::|   ∧:|
      | |   || | l l _゛"  }‐{   ゛" |^lヘ:::|  /  `
      | |   || | | |/ノ‐-‐" ` ー-‐" j ,| |::j,.ィ´
      ∨`ヽ、.||   /   / ̄::}   ,ィヽ. |:::: ト、
      `ヽ、  _ヽ  ,}、>'‐-:r┴<:::{ .ノ ,/::::: |ヽ.\
          ̄/`}  | `ゝ-、  ,-‐/ `〉  |:::::: :|::∧: 〉





        _,.-'"ヽ|: : : : : : `ヽ、
     _/: : : : : : : : : : : : : : : :\´: : :_`ヽ
 ,.-_'" /: : : : : : :/',: : : /ヽ: : : :ヽ:',: : : : : : |
 |: : : : :/: : : ,-':/⌒  ',: /  ⌒、: : : : |: : : : : :|
 |: : : :/:イ: : : :/_   V  ィ==x: : : |: : : : : :|      ブラ…
 |: : : : : ノ: : : f”示ヾ、   イc小:j 〉: :/: : : : : ,'      なんだって?
 ',: : : : ::',/|: :|',弋:::ソ    弋:::ソ/: :/ー─≦
  ヽ: : : : :\: :|〃    、   〃|: :/: : : : : /
   ` ≧:':":\ヽ、  ,、_,、  ノリ'"≧ー-く
     ヽ_: : ノ` ``rー- '" ト、_/ー-、: ノ
        `ヽ: :ノ'":|    /: : : :/ヽ:ノ
        / | : : |  /: : : :/  ',




         ____
       /     \      
     / \   / \     ブラッドバス・グレーテル!
    /   (○)  (○)   \   聞いたことがあります!
   |      __´___     |
   \      |il!|!il|    /
   /       ̄ ̄    \    ──────────────────────
                   候補者の女性の一人が驚愕と供に少女の名を口にした。
                        場の殆どの人間がそれに首を傾げる中、
                          できる夫がその名に反応した。
                    ──────────────────────

585 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:41:17 ID:jCjdYiIY


             ___
        /      \
     ,---、  \    /\ ― 、    裏社会の、さらに裏に存在する生きる都市伝説。
     .l   l  (●)  (●) \  |     暗殺者にして、快楽殺人者。
     .|   |      '     |  |     依頼されれば殺すし、依頼されなくても殺す!
     .|   |   |!!il|!|!il|  / /     気に入らなければ依頼者でも殺すし、気に入っても殺す!
      ゝ     |ェェェェ|    ノ
      \          /
       /             |
      /             |





         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \     あまりに殺しすぎるため、ついた通り名が…
    |       ___'___    |
    \       |il!|!il|  /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

587 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:41:58 ID:jCjdYiIY

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.,. -ォ大、-、 _゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;/ ´iV//| ハVハヽヽl|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !// i.:.i ` |i |! |` |! :i ',:ヘ|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ | i |斗ニ―-ニ‐-|:. i:};;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;}ハ:.:. k七i`  ´亡ハイ /イ;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;!l (ハ、ゝ  __'_  /イィ:.|l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;l :i `ー'、  `ー ´  ./,ノ |;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;l :i i  i:ゝ、    イ:.i :i ||   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;l :i i  i:.:.:.|  ̄ |:.i:.:.i:. :i i!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  l :i :i  i:./     `ヽr- _ i   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  l :i :i_ - ´_ 、   -‐ ´:i|   ヽ  |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;| /://     ` ´    ,r| .i  } .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;━━━━━━━━━━━━━━━━ l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,    ブラッドバス               !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `''' /    "血塗れ" グレーテル         |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|    ノ━━━━━━━━━━━━━━━━  ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"   / :/  /:ハ :',         イ:. ハ:.ト、   \    l;;;;;l゙
        `'"      / ,/  /:/  i :.∨´       :ト、 |:.:.i:.: :i  i , ヽ   `''"
               / //  /.:/ /ハ :/        i V:.:i.:.:.  i  !ト、.i
               i://  /.:/ .:.:.:.:∨           ∨::.:  :|  !| i |
               |i i  /.:/ .:.:.:.:.:i/            ',:.:  i  i| i|
               |i.|i  :i.:/ .:.i.:.:.:./             ', .:.:i / ./
               i:i| i  ';i  .:.:i.:.:/         /     i .:./ i ,/
                ';|: ';:. ヘ .:.∨     /   /      |:/  | |i

590 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:42:30 ID:jCjdYiIY

             //  /   /::/ / /  ∧::,\::イ
            / ,'   '  /  L/ / '  ! ハ::', ヽヽ
        // {   {  |  |   ! l   l l T  ハ ハ      あはははは!
          //   '   l  |斗┤- l  l   | ! !  ! | ハ      私も有名になったものね。
       //   ハ ハ 从 A |   |  l  斗| 、|  | i| |
.       //   ∧ V  弌之外 ̄ ` ≦_// ' / / '              /
.     //    ' ∧ N ゝ  ̄`    代 fミ/イイ ィ                /
     //   / /_iハ       ,  ` ̄ / イ |                /     /
.  //   / / 、 ハ     {`  ァ     /ィ  l  !             ,<     /
../ /  , ´  ̄ ̄ヽ ヽ ヽ   ー    , 个 |  |  |            /  \/
.  / / : : : : : : : : : : \\>  -‐<   | |  |  |       /     ト 、r 、    名前:グレーテル
  / /::: : : : : : : : : : : : : : :\}、!  ̄\__'  |  |  |      /      r 、ヽ ヽ   種族:人間
. / {::::: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽゝ=、 、\:: : :ヽl  l  |   __/ / `      ,\ \ ヽ    年齢:14
,'   !:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽゝ ヽヽ ヽ:: : :\l  |  /  /ヽ /   / / ヽ     性別:女
   l::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ V/    ヽ: : : \ /  /  /   / /         職業:殺人鬼 → 王位継承候補者

595 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:43:32 ID:jCjdYiIY

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l     そ、
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
  ,イ´     /        /               /
  / /       /         /            /



        ,ト--ミ、、_:::::::::::::::::`:"'':―┼――――l
        /ミミ三三ミ'ー‐-- 、、_:::::::|:::::::::::::::::::::::j
        {ミミミ三三、     、ー=、`'┴―――fミ',
      ,..、ミミミミミ三シ  . . . . `―' l ii l (ヲ  lミil     ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
      //う{ミミミミf'"   _,,.,,_:.:.:.:..  _j_ .:.:.:.  lミリ    <                             >
      l V }ミミミミ    ',ィでiンミ、:.:.、__, -,ィも=、',l:l′  <    そのような者を王にできるわけが        >
      'i l ,ノヾミミ'    ´ ̄`゙`ラ .:. 三 f"´ ̄`' lj    <      ないでおじゃろう!!             >
      ヽヽへ}ミミ     `二ニノ ,、 jl ',` ―''" ,l!     <                             >
       ヽ二ノミ'        ,ィ'"     ト、   ,!       Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
       , -fソ!'ミ        / `^ヽ,_ノi    ,'
      ,/(/ {i,ミ'     /  _,,...,_,,..,、l   /
     / ヽ  lN,    /  ,ィiTTTTTト, ,}  ,/        ──────────────────────
  , -―/   ヽ ', ヽ    {  ,/⌒'ー'‐'‐'‐',リ l  /                麻呂は怒りを込めて絶叫した。
 /  /     ヽ'、 ヽ   l  {,ゝ、‐r‐'ン-i/ ,/ ,イ丶、、                  他の老人達も、
"i   {、     ヽヽ丶 丶 ヾ<Zェェェシ' ノ ,i'lヽ、 `ヾー      殺人鬼 ─つまりは裏社会の人間─ に
 l,   \     ヽヽ 丶、 ` ` ‐ -- ‐'"/ノ ,l  \  \         王位を渡すことに強い抵抗を示す。
                                    ──────────────────────

597 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:44:08 ID:jCjdYiIY


      /\___/ヽ
      /:::::::       \
     |:::.   ''''''   ''''''  |
     |::::.,(一),   、(一)|    ………
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
     /   `一`ニニ´-,ー´
     /  | |    / |
    /   | |  / | |





       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     |:::.   ''''''   ''''''  |
     |::::.,(●),   、(●)|     グレーテル様以外の王位継承候補者を見て、
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |     麻呂様はどう思われますか?
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
     /   `一`ニニ´-,ー´
     /  | |    / |         ──────────────────────
    /   | |  / | |                    麻呂翁の怒りに、
                              グレーテルが話し始めてから
                           黙っていたダディが、ここで口を開いた。
                       ──────────────────────





        |_:::::::::::::::::::::::::::::l:..l;;;:::.:.:::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;|
        .l..: ̄'''' ー-''':::___i_i___,,...、、、'ェ´''''---‐|
        ,L,,,___    ..':';i i'' ::.:..     :.:.::;:;:;|
       {rミミ::l  `'‐--- !_!,,,、 ----‐‐‐-i' ̄;;:i
       |ミミ:::l   r‐‐ァ    r‐‐ゥ   _」  三|
        |ミミゝ'   . ̄       ̄   {,,,、 三|
      i´lミ: !   _,,.-_-       .-_、   :i 三|     ほ?
      |:|ミ::ノ  .,,ィ'r。ァ`ュ    ィ"r。ァヽ,   | :ニ/i`l
      .!ヽ:l   . `'''''"´~ / ::. 弋''-‐.'`   |. ノi !;ノ
       i 'ゞl:::.      ./ ::   .゙‐-    i::l,,i /
         l ..|:i:::.     ;〃 ::  i,       | |';.ノ
        ~ゞ::::::::...  ''〈〟 _〟}::  .......  |├'
         |:::::::::::::..    ) (    .::::::::. ノ:ノ
          !::::::::::::::...._,,...____   ..:::.:::.  ノ/_
         `ヽ,::::::::::..{〉ヘ,__,゙iq     /!1l
             l::::::::::.八`-''フ~i    / ;;r' .i ヽ
          /|ヽ:::::: i :^‐‐' .ノ   / /  /  `!_
          .,ィ'フ .i ;;'、:: ゙ー-‐′  / .ノ ./    -〒ヽ
    __/-/  ヽ . .ヽ..,,__ / / ./     ノ  }

600 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:44:40 ID:jCjdYiIY

         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//     そうさな…
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//     まだ話を聞いていないので内面に関してはなにも言えぬが、
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ     全員が見目麗しい方々でおじゃるな。
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ   ──────────────────────
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、   ダディの唐突な物言いに麻呂は虚を突かれた。
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /        思わず質問に対して素直に答える。
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/   ──────────────────────
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"

601 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:45:19 ID:jCjdYiIY


             +      +
 m n _∩          +      +  ∩_ n m
⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
   \ \    /..::''''''   '''''' \     / /
     \ \  |.:  (●), 、(●)、|  / /    見目麗しい!!                 ・ ・
      \ \ |.::::     ,,ノ(、_, )ヽ、,,| / /      その通りですな、どなたも可愛らしく、美しい女性です。
        \  |.:::::::  ´トェェェイ`  |  /       どなたもなんらかの才能をお持ちなのでしょう。
         \\.:::::  |,r-r-| //         そしてきっとどなたが王になっても良き王になられることでしょう。
           \`ー‐―`ニニ´´/
           / ・    ・ /








    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(●),    、(●)、.|    それが平時ならば、ね。
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´ ._/
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

604 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:46:30 ID:jCjdYiIY

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\    平時?
 |. u. (__人__) |
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |





          ____
        /     \
      /        \   まさか! 団長は戦が起きるとでも言うのですか?
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \





     ____
   /      \
  /─    ─  \     でっていう。
/ (●)  (●)   \    情報は?
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /    ──────────────────────
  \ ___\_/           団長が戦争を予期していると知り、
                         団員達に緊張が走る。
                      もし本当に戦争が始まるならば、
                   悠長に王を決めている暇などは無いからだ。
                   近衛騎士団でも情報を統括する存在である
                      でっていうに皆の視線が集中する。
                 ──────────────────────

606 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:47:19 ID:jCjdYiIY

                      r‐ ' _ノ
            / ニYニヽ     _ ) (_
          / (0)(0)ヽ   (⊂ニニ⊃)
         /  ⌒`´⌒\  `二⊃ノ
        | ,-)       (- |   ((  ̄     ドワーフ族、獣人族、リザードマン族、エルフ族に関しては
        | l  ヽ__ ノ‐┼¬U       いつも通りだっていう。
         \  ` ⌒´  /          人間族も特に内紛の気配は無い。
        /        ヽ              ただ、オーク族に関しては
       /           ヽ         族長が変わったという報告が上がってきているっていう。
       |           | |            これがどう転ぶかは現在調査中だっていう。
       ヽ_|         |丿
         |         |






      /ニYニヽ
    / (・)(・)ヽ        まぁ、俺はしばらく大きな戦は無いと思うっていう。
   / ⌒`´⌒ \
  | ,-)    (-、.|
  | l         l |    ──────────────────────
   \  ` ⌒´   /    ドワーフ族、獣人族は現在、人間とは友好関係にある。
               リザードマン族はこちらから手を出さなければ争いは無い。
                    そしてエルフ族は相変わらずの無関心。
                     最も敵対関係にあるオーク族ですら、
                  死亡した前族長が穏健派だっただけあって
                       小競り合い以上の戦はない。
                   でっていうの考えは妥当なものであった。
                ──────────────────────

608 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:48:14 ID:jCjdYiIY

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |       それはどうかな。
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |  ──────────────────────
    >   ヽ. ハ  |   ||        だがそれをダディは否定する。
                 ──────────────────────

609 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:49:16 ID:jCjdYiIY



    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\
.  |  (●),、(●)、  .:| +      我々人間族は500年前に統一を果たし、
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|         人間族同士の戦は無くなった。
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +       それ以来、我々の人口は増え続けている!
   \  ヾニノ  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||







     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|        それに対して大陸広しとはいえ、我々の生活圏は狭い。
  |    /,.ー-‐、i  :::::|         せいぜい大陸全土の5割と言った所だ。
  |    //⌒ヽヽ  .::|         これでは資源、食料と言った物が近々足りなくなってしまう。
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/         ──────────────────────
   /`ー‐--‐‐―´\         麦などを育て、牧畜で食料を生産する人間族にとって
                          生きる為には広大な土地が必要だ。
                        例えば国民の主食である麦で考えてみよう。
                        国民は1日辺り1,000ガリウムの麦を消費する。
                            王都の人口は16万人なので
                         そこから考えると王都だけでも僅か1日で
                          実に1.6億ガリウムもの麦を消費する。
                      もちろん大陸全土を勘定に含めればこの量は増大する。
                               この量を生産するのに
                         一体どれだけの土地が必要となるだろうか。
                        人間が生きるには広大な土地が必要なのだ。
                      ──────────────────────
                                           1ガリウム=1グラム

610 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:50:12 ID:jCjdYiIY

         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l        だから我々はしなければならないのだよ。
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
        /‐:::  `-=ニ=- ' /
      _,,,l ;! |:::______/     +
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|

611 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:50:33 ID:jCjdYiIY


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\               まさか…
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   団長!?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

612 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:50:54 ID:jCjdYiIY

            ,ヘ           ,:ヘ.
               /: : \       /::  !
            /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
           /::::::                 ',
          ,'::::                    i         そう、
           .i::::      '''''''        '''''''   !        異種族に対する侵攻を。
           !:::.       (●),       、(●)、 !  +
        |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l             _,-,.、
           i;::::..         ノ    ___,,,:: -イ   !       i´ヽ    い {,-ゝ.
          ':;::::...      ヾ二--‐</   /  +     l ,人 __,!...!_}ゝ l
         _  \:::::....       ヽ..__,,/   /    +    ヽ. '´    ` /
     /   `ヽ `ゝ:::::........      ....../_             /    ァ-- '
     i::.....    ;\!..-ー 、 /⌒ヽ      、\      /    .:/
     ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、   \ \   /     ..::ノ
           .ソ'    : /::.   /::  〉     \\,/      .:/  ──────────────────────
         /i:.       :,'::.   /::  ./ヽ       \!     ..:;'     そしてそんな土地の問題を解決する手段として
         / |::       |ヽ.:..    :'::/       \    .::/          ダディは侵略戦争を考えていた。
          /  !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ          \:::/     ──────────────────────
       / ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/:::.:..             ヽ、
         | :i   `ー::':.:.::.:.:./\:::::.:.:.               ':;

618 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:52:27 ID:jCjdYiIY
     ──────────────────────
         500年前、"王国"は大陸を統一した。
           そう歴史書には書かれている。
     しかし実際にはそれは人間族の国に限った話である。
      実際には人間の住まう領域はほぼ平原に限られ。
            大陸北東の森はエルフ族
            大陸北の山脈はドワーフ族
            大陸北東の森は獣人族
          大陸西の湿原はリザードマン族
          大陸南西の森はオーク族が住む
           このように人間族の生存圏は
            大陸の5割程度しかない。
     ──────────────────────


                        、-´\,_ _,,,-"i
          _,,,,-‐----、,_     ヽvvvvvvvv|,_,,,、,_ _,,、
         /∧∧∧∧∧`'‐-‐i ,-´vvvvvvvvvvvvvv  (´,,、,
   ,,-‐,>_,, i∧∧∧∧∧∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvvvvv  ,ノ
  、-´vvvvvv´ ∧∧∧∧川 ∧∧vvvvvvvvvvvvvvvvv  .!,
  }vvvvvvvvvv ∧∧∧∧川 ∧∧vvvvvvvvvvvvvvv    ヽ,
  }vvvvvvvvvvv      川                       |
  !,vvvvvvvvvvvv     川川                      !,
   `'-、,vvvvvvvvvvv    川 川川川川                 ヽ,
    /vvvvvvvvvvvv  川川      川川川           )
     ,ヽ     vvv川川川 川         川        /
    ,ノ,~      川vvvv   川            川      i´
    {      川vvvvvvv   川          川      .}
    ゝ 川川川川vvvvvvvvv   川.i´{,/_',-´ ̄ ̄´‐,   !
    {,川       vvvvvvvvvvvv  i'  `´      `‐-‐´
     }      vvvvvvvvvvvvvv !
     `~`‐-、 vvvvvvvvvvvvvvvv}
         `'‐、vvvvvvvvvvv  {                ┌──────┐
           `‐-,vvvvv      {,                    │  ∧:山  ....│
             ヽ        」 __,,,、               │.   v:森  ....│
                  ヽ,_        `‐´  ゝ               │  川:川  ....│
                `フ   _,,,_    ヽ            └──────┘
                ´'-‐‐´~  `'‐-、. ,コ
                         `´

621 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:53:18 ID:jCjdYiIY

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):     待ってください!
           .:|   j(   (__人__)    その言い方だと、
          :|   ^  、` ⌒´ノ:     まさか友好関係にあるドワーフ族や獣人族にすら侵攻すると言うんですか!?
          |  u;     ゙⌒}:      そんなこと許されません!
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \






    /\___/\
  / ⌒   ⌒ ::\
  | (●), 、 (●)、 ::|     別に根絶やしにするわけじゃあないよ。
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|     人間族と一緒に暮らせば良い。
  |   ト‐=‐ァ'   .:::|     それくらいの度量はこの国にはあるよ。
  \  `ニニ´  .::/     ただ、彼らだって素直に「はい、そうですね」とはいかないだろう?
  /`ー‐--‐‐一''´\

623 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:54:25 ID:jCjdYiIY
           ____
         /     \
       / \   / \     30年程前に行った、オーク侵攻作戦。
      /  (●)  (●)  \    あの大失敗を忘れたわけではないですよね?
     |        ´      |   団長はあの戦に参戦しているんですから。
     \      ⌒     /
                      ──────────────────────
                         異種族侵攻に関しては"王国"はつい最近
                            オーク族の討伐を行っている。
                       しかしそれは精強なオーク族の抵抗激しく失敗。
                        その時の失敗は兵士の士気や、財源などに
                           深刻な傷跡を今なお残している。
                      ──────────────────────




             +      +
 m n _∩          +      +  ∩_ n m
⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
   \ \    /..::''''''   '''''' \     / /     もちろんだとも!
     \ \  |.:  (●), 、(●)、|  / /       如何に勇敢で偉大な剣八王でも準備が無くては戦に勝てない
      \ \ |.::::     ,,ノ(、_, )ヽ、,,| / /        それを僕達はあの戦で学んだんだよ。
        \  |.:::::::  ´トェェェイ`  |  /          今度は大丈夫。
         \\.:::::  |,r-r-| //           グレーテルが今、王になって入念に準備するのさ。
           \`ー‐―`ニニ´´/
           / ・    ・ /

626 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:55:06 ID:jCjdYiIY


   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ
 ./ ⌒`´⌒ ::\    だからって殺人鬼が王にならなくても良いだろ…
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\






    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\      グレーテルは戦士として天性の才能を持っている。
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|      剣八王に匹敵するかそれ以上の武の才能だよ!
  .|   |   .:::|  .::::::|      今ですら彼女は僕と戦えるんだ!
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|      これは凄いことだよ!!
   \   `ニニ´ ..::::::/      足りないことは王になってから学んで頂ければいい!
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、      他の方々が王になってしまったら、いざ戦争と言う時に不安が残る。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

628 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:55:32 ID:jCjdYiIY
>>625
その通りですorz

629 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:56:12 ID:jCjdYiIY

     ____
   /      \
  /         \
/           \     団長…
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \     "戦争がしたいだけ"ではないんですね?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      本当に国を憂いての言動ですよね?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.  | (0),   、(0)、.:| +
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |    `ー― '  .::::::::| +
   \  ` ̄´  .::::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、     ──────────────────────
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i         饒舌に持論を語っていたダディの口が
    |  \/゙(__)\,|  i |              一拍だけ止まった。
    >   ヽ. ハ  |   ||   ──────────────────────

631 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:56:40 ID:jCjdYiIY




   __/__        ヽ   / /  ̄/
  /   / __/    /     /
     /   /    ._/   _/
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
☆─ >,    、(●)、.:| +       勿論だとも!!
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

638 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:57:23 ID:jCjdYiIY
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\           __
  |   (__人__)      |         /ノ ヽ\
  \ ヽ|r┬-| /   /        /.(○)(○)\
  /   `ー'´      \          |. u. (__人__) |
                         . |        |
                          |        |
                           .  ヽ      ノ
                         ヽ     /
                             /    ヽ
                              |     |              ____
                         |    .   |             /     \
                                          / ⌒   ⌒ \
                                        / u (=)  (=)  \
                                        |      __´___      |
                                        \     `ー'´     /
                            /ノYヽヽ
                           /(0)(0):::ヽ
                          ./ ⌒`´⌒ ::\
        l;:;:;:;:l:;:;:;:;:;:;:、;:;l          | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
       /;:;___l____:;:;:;:;.ヽ!          |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
   .    'y'‐_ _ィ‐ヾ=ミ、_〉         \ `ニニ´ ::::/
   .    lfィ。ッ rf。ッ〈:::::ミ|          /`ー---―´\
       l! ´7_,! ´ ,.;!:::ミ,!
       | ィrュ,ヽ ' {::7〃
       ヽ  ̄ _,..ノソv′         ──────────────────────
        ,ハ三 =彡'く              ダディは団長として尊敬を集める男だが、
       ,∠ニ ⊥ ニニム、_                  一つだけ悪癖がある。
   . ,. -‐'7   /     / ̄`ヽ                 戦闘狂なのだ。
                               その気質は"突撃王"と呼ばれた
                             戦好きの先々代王と非常に似通っており。
                              だからこそダディは王を尊敬したし、
                                  王はダディを重用した。
                          その困った気質が今回のことに絡んでいることは
                            彼を良く知る者からしてみれば明白であった。
                         ──────────────────────

643 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:58:06 ID:jCjdYiIY

       /// ,イト、ノ  \ \ \
      / ./ / // l  |   ヾ\\ \
     /// /  | l  |  |    |:ト、\\ \
     l l | |__,斗─┴ー|/ / //、 \\\ \
      L!<ト、 `z=≠' / /从〉 }ヽ  ヽ \ヽ ヽ     はぁ…
        ヲ     //  厶ハ ',   ', ', \
        \ __ ,      /  | |  l   | | | ',
          ヽ-──-く/´二l l  |   | | |  l
         /.:.:.:.:.::::::::::::::: ̄`// ,.|   | | |   l
   _ / ̄`ヾ=ー-::、::::::::::::::::// /:|   | | |
   '..:.`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ l /  |   | | |  ──────────────────────
   :::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::l ! {   l|   | | |      そんな中、長い話に早くも飽きたのか
   ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | |   l|   | | |       グレーテルは深い溜め息を吐いた。
                                     彼女は長銃を担ぎ直す。
                             ──────────────────────

645 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:58:48 ID:jCjdYiIY

        |      :::|
        }     ::::|
        |    ::::}
        |    :::::|
        |    ::::{    ,. ィニニz、ー=‐-_、
        |    ::::j ,. '´  ` ̄ア/バヾこ>、ヽ
          !     :::|/ , ' ,. ´//'/ l Ⅵ丶. ヾ'、
        冫 _ 、 :::|. / / , ´∨ ′ | L.〉  、 `,
        i   .:::::|/ / / /! i  l  l ゙,  ',.、 ゙,
         |   ::::| ,' _,゙.. ム |   l|  |  }  l | },       ねぇ、ダディのおじさま。
         |   .:::{ {´ ! ! { {  jリ゙"ノ メ、 リ |ハ       こんなまどろっこしいことは、もう止めにしない?
         }   .::::::|、.トィ丐Zミ、   ,.,._ニ,,_ ノ/l リ ゙,      こんなことしなくても、
          /!   .:::::::::ト代、,, ̄`    └丐癶イノj八 `,     私以外の全員を殺してしまえば良いじゃない。
        / 、 .:::::::::::ハ::::|      '    ''' /ィ ハl 丶 '、
..      //  V:::::::/:::::}}:人   ` ー'    ,.仏{´: . !l `,  '、
.    /  {    :::,'::::::ノ;;斗{丶     , イ: :|: :l: .  !l  ヽ  '、
  /   ∧  ::::::i;:::::;ィ'´   Ⅵ、`'ーセ升入_;.j-┴ 、 !l.  丶 `、
/    / ∧  `::::;::::{{    八Ⅵ/|/ イ: : \: .  \.!l






     //    //   / ∧/ ||  |    |斗─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗- ┼ー||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l     ねぇ、そうしましょ?
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l     そうすれば私はオンリーワン。
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、        ┴ゞ'ー'  //ヽ} 〉 l  l l     今すぐにでも王様になれるわ。
  \/ /  \ \ ∨厶⊥ゞ'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧       ー- -ー '゙     / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ                 ,. ′    ヽ | |  ',   \
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \   \
::::::::::::::::::::/         ∧ > 、       ,.イ>            \    ヽ,   \
::::::::::::::/           /  \  `ミューィ≦´//        
::::::::/             〈.    \ _ヽ/__,/ /         ──────────────────────
                                           彼女の灰色の瞳が周囲を見回す。
                                          その目は狂気に染まるわけでもなく、
                                          ただ子供が蟻を踏み潰して遊ぶような
                                            罪を知らぬ無邪気で澄んだ瞳。
                                      罪を罪とも思わずに殺人を許容する少女の笑みが
                                             堪らないほどにおぞましい。
                                     ──────────────────────

646 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 21:59:31 ID:jCjdYiIY

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      ──────────────────────
           /  \   /  \                          緊張が走り。
          /   (●)  (●)  \                    騎士達は剣に手をかける。
            |      (__人__)     |             ──────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        /   \_ \
        |    ( ●)(●)
       . |     (__人__)          ┌─────────────────────────────┐
         |     ` ⌒´ノ           │               チャキッ                       ...│
       .  |         }           │   __,,,,,_                     r‐、                │
━━━━━━━━━━━━━━━━━━│  ̄    `"'ー 、,,._____             |: |i.γ⌒ヽ/⌒ー=ニ二ニ    │
          /  \   /\          .│ ..:.:.:::::::::{::.:....    ` ̄´ノ           |: ||(    \   ` ̄"¬    │
        /   (●)  (●) \       .│ ;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;_    __∠、_____ ________.|: ||Lト、    \        │
      |         ´     |        │          ̄ ̄    「!.     |    ::|: |  i!ヽ、     ヽ      ..│
      \       ⌒    /       │               |i      |    ::|: |  i! ||ヽ、           │
━━━━━━━━━━━━━━━━━━│               |i___|    ::|: |  i! ||  入        ......│
       /\Yノヽ                 │ .__               |i::::::::::::::::|:::::::::::::::|: |  i! || ./  \       ....│
       / ( 0)(0)ヽ                 │ > `ヽ、  _..,,..        |i::::::::::::::::|:::::::::::::::|: |  i! ||/    \     .....│
     /   ⌒`´⌒\            │     \γ   ̄`ヽ ..__|i::::::::::::::::|:::::::::::::::|: |___i!/´ ̄ ̄`""''''''      │
     |  , -)      |             │ \    ゝγ ̄)   ` ̄i}. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: |/              ...│
     !  l ´-―――-イ              │   ` 、    `く    /            |: |にニゝー-― 、._       │
    _ヽ ヽ    `⌒´ /                 │ ヘ   `>、_  ノヽ-′           !:_!          ``ヽ   ...│
━━━━━━━━━━━━━━━━━━│   ヽー ′                                  .....│
                              └─────────────────────────────┘

647 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:00:05 ID:jCjdYiIY



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|    駄目だ!
  |    /,.ー-‐、i  :::::|    駄目だよグレーテル。
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\








    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |     近衛騎士団を舐めちゃあいけない。
  |::::::::      ,,イ_,`)                       ・ ・ ・
.   |:::::::::      ノ.-=ラ     残る4人を同時に相手しても、食えるのはせいぜい1人だけだ。
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   ──────────────────────
    |  \/゙(__)\,|  i |      ダディはグレーテルが暴走することが
    >   ヽ. ハ  |   ||    予め予想していたかのように冷静に止めた。
                   そして教師が教え子にするように優しく諭していく。
                  ──────────────────────

651 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:00:45 ID:jCjdYiIY


    /\___/\
   /''''''     ''''''::\    なぜなら
   |(●),    、(●)、.|    やる夫君にやらない夫君、二人共が単独で僕を抑えられるだけの実力がある。
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|    君はここの3人をまとめて相手できるかい?
   |   `-=ニ=- '  .:::::|    流石に無理だろう?
   \  `ニニ´ ._/    戦機を読めるようにしなさい、グレーテル。
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l       ぶー。
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、        ┴ゞ'ー'  //ヽ} 〉 l  l ll      つまんなぁい…
  \/ /  \ \ ∨厶⊥ゞ'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧          __       / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ       /´   `ヽ     ,. ′    ヽ | |  ',   \
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \    \
::::::::::::::::::::/          ∧ > 、       ,.イ>         ──────────────────────
                                          グレーテルは限りなく不満そうだが、
                                           とりあえずは思いとどまったようだ。
                                            グレーテルはどうしてだか
                                    ある程度以上の信頼をダディに抱いているようだった。
                                         快楽殺人鬼とは思えない程の素直さだ。
                                    ──────────────────────

652 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:01:36 ID:jCjdYiIY

        /:;:;:``丶、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;``T;:;:ー――;:;:'';:";:´ ̄;:;|
       /三'ー- 、:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:___;:;ョ――彳
       !三、 r=ぅ` ̄ ̄,二、    _Z三三ミ'、
       ,'ミ'^   ̄      ゙ー'   -ニ,三三三;}
       lミ,! '´ ̄`゙ヾr'_ 、_,-' " ゙゙ " '  'ヾ三三ム、      はぁ…。やれやれ。
       {ミ! `、二ニ'` =キ ー‐--_;彡'  }三シT'i|      老人の心臓には悪いでおじゃるな。
       ヾ!    ,ィ:   :.、` ̄´     ,}三/i Y/
       l !   /(_  ,,..ノヽ      }三リ レ/
       { l,  /   `"´   ヽ     }三、_ノ        ──────────────────────
       `'、 '  fエェェェz、、 ',     彡z‐ミ、                麻呂は深く息をついた。
         ヽ   ゙トミ二二≧) ;  i    シ} ヽ、       戦に身を置いたこともなく、さらに老体である身体には
          ヽ  `'ー'-'-'‐'′ノ ,'  / / /:.ヽ            あの緊張した空気は毒であったようだ。
            ゝ.丶 ̄ ̄´ '" ノィ"  / /:.:.:.:.ヽー 、        額に指を当て、ゆっくりと揉み解している。
         /イ`i 、 ___,. ィ゙´ヽ',/ /:.:.:.:.:.:.:.) ,}、   ──────────────────────
    _,. -―ァ' /:.:.l 丶   :.:.:.:hj.  / /:.:.:.:.:.:.:./ / 丶、
_,. - '´    { ヽ:.:.:ヽ ヽ、   } / /:.:.:.:.:._,.:-'゙ /     \







        うーん…、ダディ君の趣向はともかくとして、戦争が必要というのは一理ある、かな?
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧    ダディのお墨付きなら武に関しては確かなんだろう。
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ    だけど快楽殺人者はちょっと…
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'        ダディはある程度御せるみたいだけどねぇ…

659 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:02:43 ID:jCjdYiIY

        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′        まぁ、王になって頂くかは全員の話を聞いてから
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'         決めるでおじゃるよ。
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ
               ̄`ー─--─‐''" ̄



  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;/;;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'            ,;'´ ,,  ァ'
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ニシ'   |、ニ'     しかしのっけから、もの凄い札を引いてしまったでおじゃるな…
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ      これ以上が無いと良いのでおじゃるが…
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、

660 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:04:27 ID:jCjdYiIY


          ──────────────────────
                 麻呂翁はカップを手に取ると。
                その中身を一気に飲み干した。
          ──────────────────────



                ..._,,.. --ー―ーイ.,
             ,. -''⌒∨ :/  . . . . . . . .. ^ヽ、
       ,,.-/     ヤ: : : : : : : : : : : : : ... `ヽ.
      /    _ノイヽ、./: : : : : : : : : : : : : : : : :. ヽ.
     /⌒` ̄ ̄| |~7: : ' ' ' ' ' ' ' ' : : : : : : : : :. |
   /7,.- 、   .ゝヽ{'         ' : : : : : : /
  / /    ̄~^''''ゝこ|           ' : : : /
 /  i^ ~^''ヽ、     |\ノ=ニニニ=-、    ' :./
./   !     ^'''-  | /-ー-    \   ノ

661 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:04:51 ID:jCjdYiIY

         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//       さて、次はそうさな…
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//        端からで良いおじゃるか。
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ        そこの眼鏡の候補者殿、前に出て頂けるでおじゃるか。
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"

662 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:05:31 ID:jCjdYiIY

          rー ── } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、
          | : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.丶
          | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : :: : \
          |/ : : : ,' : : : : : |\: : : : : : : : : : : : ヽ: : :: : : : : : : : :ヽ
.          /: : : : : : !: : /: : : |  \´:  ̄`ヽ、: : : :丶 : │ : : : : : : ',
       /: : : : : : : :..|⌒ト : : │   \: : : : : \: : : : \:|: : : : : : : |
      /: : : : : :./:/: :.:|: :∧: : : l    __.\: ヽ : : : : : : : : \:.:.: : : : :.|
.     /: : : / : : : V: : : :レ'-ヘ: : :.',    ィ灯テ外ミ: : : : : : : : : : \: : : : l     私ですか?
    /: :./!: : : : : |: : : :小Y心\:.ヽ   {iー'::::::jヾ: : : : : : ::\ : :ヽー :l     分かりました。
    |/ │: : : :/|:.: :.:.{ハ Vi::ハ \|    Vヘ::::イ:}ハ: \: : : : }\: ',: :l
         |: : : :.ハ: : : |{ ヘ ヽ:リ、__{ァ   ゝ辷ン ∧: :}ヽ /|: : ヽ} :|
        ヽ: : l  ヽ: :.l人: :', ´ ノ , \    ''' / / ∨ ∨:.l: : : : : |
            \{   \リ:.:`弋   。 ` ー一 ' / '´: : :∠,:│: : : :│
                /: : :.:/フ>  __   イ: : : : : :/..:.: 八 : : : │
           /:./^}/ / { { : : ∠: : :/  ̄ ̄\ ̄ \: :ヽ : : |
     _,, -='´_/ ´ 二)   ヽ: : /: :./       \//∧: : \|
     ´ `>: :/(7      、`)   /: : : /           ∨/∧: : : l\
      / : : ///\  xヘ \ /.: : : ; イ          V//,|: ──────────────────────
       ヽ:////// >く )Yー’{/|: /V                 進み出たのは穏和そうな風貌をした女性だ。
                                    腰まで届く長い髪は軽い癖がありウェーブがかかっている。
                                    その身体は女性らしい丸みを帯びていて非常に魅力的で
                                         道を歩けば誰もが目で追うような美貌だった。
                                      そしてそれに加えて立ち振る舞いと口調には品があり
                                           適正な教育を受けていることが伺える。
                                      ──────────────────────


.       /ニYニヽ
      / (0)(0)ヽ
     /  ̄`´ ̄ \
    | ,-)    (-、.|
    | l ____ l |
    \  ` ⌒´  /
   ,、-='l \_,ン g< \     ──────────────────────
 / \ └〆\ i=i|\' \      彼女を連れてきたのはでっていうのようだ。
丿   i  \ \=i| /  i|        みゆきが前に出るのに合わせて
                            自らも進み出る。
                  ──────────────────────

664 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:06:12 ID:jCjdYiIY


          / / /: :/: :/: :/: |: : :ヽ: : :ヽ
.        /:/.: ./: :/: :/: :/: : |:ヽ: :/l:.: :.l
.      }/: : /: :/: :/: :/|: :|.:|: : V: |: : :|
.      レ': /.-/: :7‐/ |: :|:.L.: :|: :|: : :|     綺麗な人…
      /!:.:/└,ィホ〉'   ヽ|」 l:.ト、ハ :.:|     あんな物語のお姫様みたいな人、本当に居るんだ。
      |: :|: : :|.ヒ_ソ    ィホ〉Yl lゝ|: :|
      |: :|: : :| ,,,  '   ヒソ 八|: :|ヽ}
      |: :|: : :|\  ‐  '' イ:|:.:|: :|: :|
      |: :|: : :|: : |/`. フ〔: : :.l :|: |: :|: :|
      |: :|: : :| ̄>≠=、<>-.|: |: :|: :|
      |: :|/l :| /`{ i! } /:/ `ヽ.:|: :|



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \       ………
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

665 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:06:48 ID:jCjdYiIY

                   ______ ./`ヽ、__,-‐、
                 ,ィ´          |´    {
                  /    /   j  :|   |     j、
                /  i::  /   /::i j|   {、     ヽ、
             /  |:: ノ   '⌒/ ,/ |i   |:|⌒i、 : :  ヘ
              |  :|/   //| / |i ,ィ j | :|  ::  |  |    はじめまして。
             | // ,.ィ'´ __j,/  |jノ jノ__|,/|  |  |  |    名高き七老会の皆様。
              |/ /  /:::|:|,ィfチミ、  }-{ ,ィfチミ ハ  | ∧. j    私の名前はみゆき・タカラと申します。
             |/:{  {:::::||      ノ 、     ハ、 jノ  }ノ    本日はよろしくお願い致します。
             j  i`ヽ|::::::| `‐-‐ ´  、 `‐-‐´{´|::}ノ|
             | | |:::ヽ、:::ヽ    ‐-     ノ´ }、::::|
              | |  |:::::::λ:: `ヽ>‐- -‐´f::'´_,ィ'´j:::|
             |リ  },ィ'´ `ヽ、 ヽ、/\/:〉_ノ´  {:::|
             j  f`ヽ、   V  ∧  .ハ`~     ,|::j    ──────────────────────
             /  i|   `ヽ. j/|/ ヘ / .∨‐--‐"|ノ     みゆきと名乗った女性は名乗ると優雅に一礼した。
           /  .ノ:|    | `>‐-..、 V_ .,∧    |、         その姿は指の先まで意識が届いており
          / ,.:' /::/|   |  ヽ、 _,≧≦_ハ    ` 〉     このまま社交界に出ても恥ずかしく無い仕草だ。
            / /::: /::/::::|   | /  ̄/  j、 } ハ__,,/::|    ──────────────────────
        / イ::::: {::/:::::::|   |/   |"  }:  |"{::::::::::::::::ヽ、



           」:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
           |丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: -t、
           |  :.:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. - ;:'´:;ィ彡!
           `ト、、_:;:;`:;――――‐:;':´:;:;:;:;:; イ三ミ!      "タカラ"とな?
            |ミミ゙`iー 、____,.∠三ヲ´:.:.lミミミ!      もしや、みゆき様はタカラ家の…
            |ミミミ'、 '-‐ '′:、  ,:'" ,.: :.:'、ミミl
            lミミミf^   ,. .. .、    ,:'´   :.、:ヾミミ!
           f'、ミミ!  .:' _ :.丶   ,' ,ィ6ミ'、.:.:.|,={
            ',ヾミ;}   、'´f9:)).: :.. 〈 ^、゙‐'彳.:.:l{:.:.|
            ', ヾj    `三´ノ :  i:.  -‐' .:.:.'.:.:,'
             ', l    ― '    '、:.   .:.:.:.l:./ ̄``ー--
           ,. -ヘ_j、   .:  , -、  ',:.ヽ、.:.:.:.:.lヘ、
        ,.- '´  //,ハ      ,'`^ ー;‐':.:.:.:丶:.:.:/ヽヽ   ──────────────────────
     ,. ‐'´    ,l | i:.:.:.ヽ.     :   _,...、:.:.:.:.:/:.:.:.', ',    タカラ家とは"王国"に古くから仕える家の一つだ。
           ,.イ| | l:.:.:.:.:lゝ、   ,.';´-‐ 'ヾ〉:.:.:/:.:.:.:.:.! l        代々優秀な文官を輩出しており、
          // l, l '、:.:.:.','、ヽ  `ヾ:三シ/:.:.:/}:.:.:.:.:/:/     タカラ家から七老会に入る者が出ることもある。
          ,','  '、'、ヽ:.:.:.ヽヽ丶  丶ニノ:.:.//:.:.:.:./:/      つまりは"王国"の有力貴族であるということだ。
         ,','   ヽヽ丶:.:.:ヽヽ丶、__.:ノ/:._,. 彡'    ──────────────────────

666 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:07:25 ID:jCjdYiIY

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V      ええ、恥ずかしながらタカラ家の末席を
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !      汚させて頂いております。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|               名前:みゆき・タカラ
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ               種族:人間
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',                 年齢:22
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ              性別:女
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ             職業:貴族の娘 → 王位継承者候補
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i

669 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:08:12 ID:jCjdYiIY



        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'     しかし、タカラ家に貴女のような美しい娘が
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l′    いるとは聞いたことがないでおじゃるが…
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |  `゙'ー-、、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |      `ヽ、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |         \
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./          `ヽ、
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ
               ̄`ー─--─‐''" ̄





         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|    私は生まれた時から身体が弱かったんです。
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!    だからずっとお屋敷の中で過ごしてきました。
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l    一年前にようやく外に出られるくらいまで回復したんです。
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!    それに…
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ

672 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:08:54 ID:jCjdYiIY

                 /,..イ´    :|         `ヽ、
                /'´      :|            \
                / /      /'| .:  i:: /'| :|:   \ ∧
                  / ,〃  .,':    / | :| .::|: / | :|i    \ハ       相手が王とは言え、
             |//   :/  ,' /_,ノ| |  :::|/\| :||    、::.∧|       貴族の娘がお手付きされたというのは…
                 /   ::/,'  /| /  ノ人  :|  | :|| :|   ∧:: ハ       その…
             /   :://  /_|/  '´  `ヽ:|  ヽ|ヽ∨  .ハ: |      外聞があまり…
              |   ://  ∧ 二ニ=- ,}‐{ -=ニ二 ./:∨   |ヽ|
              ∨ / | :/:::ハ /// ノ.::.ヽ /// r‐-、.∨ /:::|
             ヽ/ r'ヽ.|`ゝl `ー-‐'´   `ー-‐'〈二、 |::|/::::人
       ⊂=-       | 二ノ |::ヽ、   __ _   /::l_r  |:::: : :/:: :l:\  ‐=⊃
                 | r' ,ノ: ::::::>‐r- -r :</: : ::|.  |::: ::/:: : ノ:::::;〉 -=っ
         c=-    { ̄ ̄ ̄}::;r| ̄l ̄i ̄l ̄/::{ ̄ ̄ ̄}:イ: :/:::/
               〈´ ̄ ̄~`〉'´~ ̄ ̄ ̄"/´:::〈'" ̄ ̄~゛〉:'´::/






 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;/;;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'            ,;'´ ,,  ァ'      あー…
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ニシ'   |、ニ'       隠されてきた、ということでおじゃるか。
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'      ──────────────────────
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |               貴族社会において、
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'       息女の純潔というのは高い"商品価値"がある。
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i        純潔ということは「確実に子が居ない」ということだからだ。
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ            もし仮に結婚相手に子供が居た場合、
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ           その家の財産相続が非常に厄介なことになる。
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_          タカラ家は王の子種を厄介物、危険物と見たのであろう。
                              みゆきを隠し、息女の純潔が散らされたことを隠すことで
                                 息女の"価値"を守ろうとしたのだと推測できる。
                              ──────────────────────

675 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:09:44 ID:jCjdYiIY

         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}       それでは、麿たちに今まで生活を送ってきたのか
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//        教えて貰えるでおじゃるか?
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"





        r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
        |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ    そうですね…
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |    私は家を出ることが殆ど許されなかったので
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!    ずっと家の中でできることをしていました。
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\

676 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:10:25 ID:jCjdYiIY

               r-‐‐= : "´: : ̄ ̄ ̄: :` : .、
         /`ー─==ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         { : : : : : : : :∧ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         j/. : : : : : /: ハ : : : : : : : : : |: : : : : : \: : : : .\
         /. : : : : : : : : | | :l: : : : : : : :|⌒ヽ : : : .\: : : : ヽ      朝の4時間程を教養と礼儀作法のお勉強。
        〃: : : : : : : : , ィ |: j : : : : : |: ∧: : ト、 : : : : : :\: : : :Y     お爺様が厳しい方であったおかげで、
       〃 : : : / : : : /: :| j:∧: : : : : |/ _二._ |\: : : : :ヽ`=‐ !     私のような境遇でもきちんと教育を受けられたことに
      〃 : : : :Y: : : : : |: :|x= \: : : { "「 三㍉、: :ヽ : : : }: : :|     感謝しています。
     Y : : : : : j|: : : : : ト〃三::',  \__ゝ{ノ三:::ハ}: : :トミ: : 八: :|
      {: : : : : :从 {: : : :Vヘノ三::} ヽ-(  ヽ三ノ l : : |ノ.∨: : \{
       、: : : :f{ ヘl\: : `、\ニノ  ノ  \     イ: : :|! : : : :j : : \
      ヽ: : :|     `ト、_ゝ   /  r ヘ   ̄´从 : |l: : : jノ. : : : : ヽ
        \{     |l 八  ̄    `ー'  ,.ィ'リノ : |l_,.∠.._ : : : : : :}\
                |i: : :`アT==ァ‐‐=≦Ti7/. : /三三三ヽ: / ノ. : :)
                |l: : : { :j|: : : 」__i:i  i:i/イ: : ,{ィァ=‐ミ、三ニ}ィ゙ }:/
                | : : : : :!ト-/  `x-r=,>'´: :/: : : |: ヽジ   ′
                } : : : : :リ {  '"二「/. : : : : : : : : j: : :|\





            /   /    ` : .
          __/    /    i    `ヽ
      /    /  / /   ,′       丶
 .     / / /   / ⌒/  i ,' 」    ヽ.   '.
     |.イ /   / / _/」   !/  | `ト、   V !      残りの時間は趣味に費やしました。
      | i   !/〃フ:ハ  i __ミメ、     |      時間だけはたくさんあったので…
      | ∧  ハi |::::::::jハノ ノ:`ヽハ      |      料理とか、刺繍とか…
       ヽNト、i( ゝ-゚'' r‐r |::::::::::》|    i |
          ノノヽ`ト-- '  、 ゝ-゚イ从   i リ
         |  ノ`ト . ゚    ̄´// }N ノノ!
         | iヽ. ヾ>-  イ7  从イイ {
   r‐、__n  ノ /77¬fr‐   /  /彡ヘ  !
  _.>r‐x' ト、' /i//  /ー‐/  /´   ハハ
  ゝ-- 、  /〃//  / ./  /      /  ヽ

678 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:11:09 ID:jCjdYiIY

                        ヘ
                /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                   /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
               /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
              / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
              / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
              /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i     あ、でも一番多くしたことは読書ですね。
          /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |     家が世界の全てであった私にとって
.          // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨     外の世界を教えてくれる本は
               | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l     唯一の友達であったと言っても良いかもしれません。
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
       |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
       |   Wikipedia.  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
.      /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
    {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
     {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
     ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
     V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
.     ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
.     {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ

681 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:12:03 ID:jCjdYiIY

      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i        ふむ。典型的な箱入りの令嬢、と言ったところでおじゃるか。
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i
     ノ,.-| i::i          |   i
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,




         貴族としての教育を充分受けているということか…
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   血筋としても申し分ないね。タカラ家なら王の血に混じるのに相応しい。
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  孫の嫁に…
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'      見目麗しいのも国民受けが良さそうだ。

                                ──────────────────────
                                代々の王には貴族の家から嫁入りするのが一般的だ。
                                先々代の王のように一般国民からという例もあるが
                                            貴族達の間では
                                     王の血には貴族の血こそ混ざるべき
                                        という考えの者も少なくない。
                                ──────────────────────

684 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:12:40 ID:jCjdYiIY

               /㍉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡三三i
                l三`ー 、_;:;:;:;:;:;:j;:;:;:;:;:;:_;:;:;_;:〟-三三三三三l
               l三  r=ミ''‐--‐';二,_ ̄    ,三三三彡彡l
              lミ′   ̄    ー-'"    '=ミニ彡彡/‐、ヽ      でっていうからは何かあるでおじゃるか?
                  l;l  ,_-‐ 、    __,,.. - 、       彡彡彳、.//
                   ∥ `之ヽ、, i l´ _,ィ辷ァ-、、   彡彡'r ノ/
               1     ̄フ/l l::. ヽこ~ ̄     彡彳~´/
                 ヽ   ´ :l .l:::.         彡ィ-‐'′
                ゝ、  / :.  :r-、        彡′
              / ィ:ヘ  `ヽ:__,ィ='´        彡;ヽ、
          _,,..-‐'7 /:::::::ヽ   _: :_    ヽ      ィ´.}::ヽ ヽ、
      _,-‐'´    {  ヽ:::::::::ヘ `'ー===ー-- '   /ノ /::::::ヘ, ヽー、
    ‐'"´        ヽ. \::::::::\ ー-‐‐'      /  //:::::::::::::}  ) `''ー-、




      /ニYニヽ
    / (0)(0)ヽ
   / ⌒`´⌒ \      そうだな…
  | ,-)    (-、.|
 / l   __    |
/     ∩ノ ⊃  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  |\ /___ /|
  |          ノ
  ヽ   y    /
   \ /     /
    /   /
   (___)_)

686 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:13:17 ID:jCjdYiIY

              /ニYニヽ
       .     /( ゚ )( ゚ )ヽヘ
           /::::⌒`´⌒:::: \\       血筋、教養共に高水準。
          /^| ,-)___(-、| }      懸念される健康に関しては一年前に克服済み。
          |: | l   |-┬-|  l | |        これ以上の優良物件は他に無いっていう。
           ゝ\   `ー'´ _/イ
            \;"ヽ::... ∠ ヽ \
          γ⌒:|:: .}"    ⌒\ \
           |  ;/ /    ,ィヘ. \ ヽ
          | / /    ノ   \___ノ
          | " /    /
           ゝ__ノ    /





    (ヽ (ヽ   ( i))) /) /)
  (ヽ(((i (ヽ((/ニYニヽ ( i)))/)   /)
  ((i(ヽ(((i )/( ゚ )( ゚ )ヽ ( i)))/) i)))       特に頭脳に関してはこの超天才でっていう様が
(ヽ (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))          太鼓判を押してやるっていうwwwww
.(((/∠_| ,-)___(-,|_ゝ \/)       読書が趣味というだけあって知識量もそこそこあるし、
 (   __、  |-┬-|    ,_  )       頭の回転が早くて理解が早い。
 ((\\ |    `ー'´   /´ //\)      四代前の才人王のように賢い王になって頂けることは
 (/ (((i )|         / ( i)))( i)))      間違い無いっていう。
   (/             \) \)

687 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:14:12 ID:jCjdYiIY



        / \Y/ヽ キリッ
     / (ー)(ー)ヽ
    /:::::::⌒`  ´⌒:\        みゆき様こそ王に相応しい。
   | ,-) ヽ__ノ(-、|        知性の高い王が王国に繁栄をもたらすのは、
   |  l   |r┬-||   |        才人王で証明されているっていう。
    \    `ー'´  /
    ノ         \
  /´               ヽ
 |    l               \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

688 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:14:54 ID:jCjdYiIY


          / ノ Y ヽヽ
        o゚((●))((●))゚o                 グレーテルのようなDQNを王にするんなら
        /:::::::⌒`´⌒:\                 みゆき様を王にしたほうが万倍良いに決まってるっていうwwww
 ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) .| l   ヽ__ノ l|     /⌒)⌒)⌒)
| / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
| ::::::::::::(⌒)    | | .|  \  ゝ  :::::::::::/      ン
|     .ノ      | | .|   \/  )  /    バ
ヽ    /      `ー'´     /    /     ン
 |     |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))

692 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:15:27 ID:jCjdYiIY


    /\___/ヽ
   /ノ( ヾ  /:::::::::\
  .|  ,,-‐‐'') (`‐‐-、 .:::|
  |」L'"⌒` ,: '"⌒` :::|      でっていう…
  |ヽ「   ` '  ヽ( :::|      貴様…
  .|   `-=ニ=- '⌒:::::|
   \彳 `ニニ´  ::::/
   /`ー‐--‐‐―´\



                      r‐ ' _ノ
            / ニYニヽ     _ ) (_
          / (0)(0)ヽ   (⊂ニニ⊃)
         /  ⌒`´⌒\  `二⊃ノ     事実、だろ?
        | ,-)       (- |   ((  ̄      貴族の娘と殺人鬼なんて比べるまでもない。
        | l  ヽ__ ノ‐┼¬U
         \  ` ⌒´  /
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |         ──────────────────────
       ヽ_|         |丿                ダディの額に青筋が浮かぶ。
         |         |           それに対し、でっていうはどこ吹く風で煙草を燻らせた
                             ──────────────────────

694 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:16:03 ID:jCjdYiIY

        ,ト--ミ、、_:::::::::::::::::`:"'':―┼――――l
        /ミミ三三ミ'ー‐-- 、、_:::::::|:::::::::::::::::::::::j
        {ミミミ三三、     、ー=、`'┴―――fミ',
      ,..、ミミミミミ三シ  . . . . `―' l ii l (ヲ  lミil
      //う{ミミミミf'"   _,,.,,_:.:.:.:..  _j_ .:.:.:.  lミリ
      l V }ミミミミ    ',ィでiンミ、:.:.、__, -,ィも=、',l:l′      こりゃ!
      'i l ,ノヾミミ'    ´ ̄`゙`ラ .:. 三 f"´ ̄`' lj       静まらんか!!
      ヽヽへ}ミミ     `二ニノ ,、 jl ',` ―''" ,l!       ここで争うでないでおじゃる!!
       ヽ二ノミ'        ,ィ'"     ト、   ,!
       , -fソ!'ミ        / `^ヽ,_ノi    ,'        でっていうも挑発なぞするでない!
      ,/(/ {i,ミ'     /  _,,...,_,,..,、l   /
     / ヽ  lN,    /  ,ィiTTTTTト, ,}  ,/
  , -―/   ヽ ', ヽ    {  ,/⌒'ー'‐'‐'‐',リ l  /
 /  /     ヽ'、 ヽ   l  {,ゝ、‐r‐'ン-i/ ,/ ,イ丶、、
"i   {、     ヽヽ丶 丶 ヾ<Zェェェシ' ノ ,i'lヽ、 `ヾー-- 、
 l,   \     ヽヽ 丶、 ` ` ‐ -- ‐'"/ノ ,l  \  \  ヽ

695 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:16:46 ID:jCjdYiIY


    /\___/\
  /        ::\
  |               :|    くっ…
  |   ノ   ヽ、   :|
  | (●), 、 (●)、.:::|
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \



             / ノ Y ヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)     へーへーっていうwwwwwww
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r┬-|  /´
         |  | |  |  |        ──────────────────────
         |  | |  |  |                  場の空気が悪い。
            `ー'´                騎士達は皆が表情を固くし、
                              周囲に敵意を振りまいている。
                                 同じ釜の飯を食った
                            近衛騎士団の仲間同士だというのにだ。
                        ──────────────────────

697 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:17:27 ID:jCjdYiIY
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                      /  ̄ ̄\
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |                    /      ノ ヽ
   /    / r─--⊃、  |                    |::::::     (● )
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                 .  |:::::::::::   (__人)
                                     |::::::::::::::   ⌒ノ
                                  .   |::::::::::::::    }
                                  .   ヽ::::::::::::::    }
           ____                      ヽ::::::::::  ノ
          /     \                     /:::::::::::: く
   .     / _,ノ  ⌒ \                   |::::::::::::::  |
       l^l^ln  (●)  (●) \                  |:::::::::::::::| |
       ヽ   L   、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \           ──────────────────────
     /   /             \               ダディとでっていうは言うに及ばず。
   . /    /         -一'''''''ー-、.              やる夫は手を組んで目をつむり、
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))           できる夫は机をカリカリと引っ掻いて
                                  二人ともイラついてる様子を隠しきれていない。
                                    普段では最も温厚なやらない夫でさえ、
                                   腰の剣の柄を指でコツコツと叩いており、
                                         落ち着かない様子だ。
                                ──────────────────────

702 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:18:18 ID:jCjdYiIY

           ──────────────────────
                     それもそのはず
                      騎士達は皆、
              自らが見つけた姫君に王の資質を見出し、
             既にそれぞれが主として忠誠を誓っていたのだ。
             燃える森の中でやる夫が梨花にそうしたように。
           ──────────────────────


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

         /.:::::::::::::::/::::::;':::/:: イ:::::::::::::jl:::::::::::::::l:::::::::: 小::::::',:::::::::::::::::::::::,:::::::::,
         /.:::::::::::::::/:::: / ::':: :' !::::::::::::::!i:::::::::::::::}:::::::::::::| }:::::ハ.::::::::::::::::::::::,:::::::::,
          /.:::::::::::::::/:::::/:::;'::::::{ |:::::::::::: { !::::::::::::小::::::: : | !:::::::}ヽ:::::::::::::: '.:::,:::::::::,
      ../.:::::::::::::::/:::::/}:: {:::::::|| ::::::::::! !:::::: : i:::| ∨:: : l !::::: | }::::::::::::::::'.::::,:::::::::,
       /::::::::::::::::/:::::::! L_T=┘{: : ::::::::| |::::: :: l!::| }:::_.斗'ー┘└-ミ_,. r::'.::::,::::::::.,
     ./.:::::::::::::::/ .::::::{x≦芹テz≧ー‐┘!:::::::::.'!┘ ¨´,.斗≦芹气ミナ .}::::::::'.:::,:::::::::.,
      ./.:::::::::::::::/.::'‐:r'圦   Ⅶん丐≧ミ、` 一′ ,ィf斥んz:メ:リ  灼.八:}:: i :::::,:::::::::.,
    /.:::::::::::::::/.:::::: ∧ .ハ   ゞ辷z少′      弋辷_z少′ :'シ/::::::|::::|:: ::!>r.、::,
   ./.:::::::::::::::/:::::::::::::: ゝ.,ヘ ` ー―一          ー‐一 ´ /.ィ:::::::::l:::::!:::: !::∧::'. ヽ
  ../::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: `ヘ          ,          '´:::::::::::::j:::::::::: ト、:∧:':. ヽ、
 .../::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:ヽ.         ___       . ′:::::::::::::;':::::: : 小∨::',:ヘ   \
 ./::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::へ      ゝ __.ノ      .イ : ::::::::::::::::'::::::::::::::|::'. v::ハ:ヘ    ヽ、
::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:::::>            .イ:::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::l::::'. '.::::ヘ:ヽ、   \
::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/!::::::::::::::}>  .__ ,.  <::::::::::::::::〃::::::::: j:::::::::::::::::l! : '. V::::ヽ: \     ヽ
::::::::::::: :/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::〃:;'}:: :: イ{          } \::::::/ .'::::::::::::'} :::::::::::::::| v:::'. '::::::::ヽ:::::\
:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/r'一=<.  \      /,. -‐≠才:::::::: / |:::::::::::::::::! v: '. ':::::::::::\::::\



         !                                       l
         .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !
         |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
         l         ノ          ゛    'i        }         i!
      ,..-'".l      ヽ,、   _./         ヽ_   ./         ,l~ ..,,
     ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            ヾ゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-
          .\       │                l              /
            .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

704 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:19:04 ID:jCjdYiIY

         ──────────────────────
                     騎士にとって、
               忠誠の誓いとは己の命よりも重い。
             主君が亡くなる前にこの誓いを破ることは
            騎士にとっての最大の恥であるとされている。
          特に真に惚れ込んで忠誠を誓った主君に対しては
        主君が死んでもなお、忠誠を捧げ続けることも珍しくない。
         ──────────────────────


                                          |::::| |
                                          |::::| |
               7>=ミⅦ  } ヽ.                    |::::| |
             彡彡≧ミミⅦ廴} ハ.ゝ,                  |::::| |
          、 _ ィイ三ミ イ>/  ̄  ̄7                  |::::| |
          フ7彡イ /≦ミ//   {{ //L               |::::| |
         ./イ川イ彡彡イ //廴人Y,/ilく_  `フ7              |::::| |
          }ハ彡イ三ヲ.//  O} ト、  ̄ >ヲr",              |::::| |
          イ彡川三ミハ{      ノ  ト=イー"                |::::| |
           //ノイ彡彡.ハ,,_.ィ'¨  人_!               |::::| |
          {ハイ彡彡ノ_|__,,.ィ':::{{  |ト、               |::::| |
            ノハシ  {ヘ  ̄ ̄`>.、 ̄辷}ヒゝ、_           |::::| |
            ̄" / ̄ `\  ////    ̄`>、≧:.、.          |::::| |
              /      \////           ト、      |::::| |
             {{       }}}ハ/             >、    |::::| |
              V      ノノノ              イハ}..   |::::| |
              ト、三三三彡ハ}           /::::::::Y }     |::::| |
            ハ/V/ ̄ ̄ 人}/\         イ \::::ノ}}     |::::| |
            /  \   / \//  >、 _ イ´il il 巛>>イ _  V/イ
         .  人   /\/7   ー 、:::::/7ハ>、       {  {三三≧{O]≦ニ}
         イV/..フ77 //       \//イハハ      |   r-Yニニヽ ̄
           \ {{O}}ヘ         }}イ::::::::::} }       |,,.イ{ハ_ノー-ー}

705 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:19:51 ID:jCjdYiIY

         ──────────────────────
              だから彼らは自らの主君を王にしたい。
                     信じているから。
               自らの主君こそが良き王となれると
                  輝く未来を作ってくれると
                   信じきっているから。
         ──────────────────────



            ο         /
              O     /      ο
        ο         //  O
              ,;:''"゙゙'':.,/               f ´ ゙i
     -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐   r‐-、  |   j     f ´゙i
           O   :、,. ..,::'、‐-  _  ,、.      l  l,  |   l    l  .l
         O   //`v:: 、            |  .l   l   ヘ    |   l,    , -、
            //   |   ヽ           l,   !  }:.  ヽ  l,   !   ' ./
           /    ο    O           l:.  ヽ .}::   ヽ .」   |   .ノ ,
         /                      |::   ヽ.',    ヽ   t_ ノ ./
                                'l::.   `゙'⌒ ヾ= ''ー´ ‐- (、
                                 .ヽ::               `、
                                  .i::               ヽ、  _
                                   l::..        ,, -‐''ニ=-''''' ̄  `''''= 、
                                  l:::::.     / ,, -''´            ヽ
                                 /:::::::.    //::.                `ー-
                                ノ:::::::::::..   /,゙::::::::::
                           ,, -‐‐'''..::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::.
                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::.
                          l::::::::;;;;::-‐-::、:::::::::::l::::::::::::::::::::::::...
                           `'''´      `ー-、|::::::::::::::::::::::::::::...
                                     l:::::::::::::::::::::::::::::::::..
                                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
                                     (:::::::::i;:::::::::::::::::::::::::::::::::..
                                     \:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::...

706 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:20:27 ID:jCjdYiIY

        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'        まったく…
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /         どの者も殺気立ちおって。
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |    ___,. -、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |    ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./   ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
               ̄`ー─--─‐''" ̄      / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
                              /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
                              /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
                             /      /    ゝニ--‐、‐   |
                            /           /‐<_   ヽ  |ヽ

                                     ──────────────────────
                                      麻呂とて騎士の忠誠に関しては理解しているが、
                                           ここに居る5人の騎士のそれは
                                          いささか度を越してるように思えた。
                                    果たしてどれほどの才をそれぞれの主に見たのだろうか
                                     次期王が才溢れるというのは歓迎すべきなのだが…
                                     ──────────────────────

707 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:21:09 ID:jCjdYiIY

         ──────────────────────
              いずれにせよ残る候補者は3名。
            王を決める会議はまだ終わりを見せない。
         ──────────────────────



           /∠ -‐─‐r──‐-、 /   \
            / / /    / ハ    V     ハ
          / / /    / / 〉   イ   ',   l
         /  ,' //|__ノレ′厶_/ ! !   |  !
        / / { 厶    ヽ   /     レ|  |  |
      ∠ /|   个  _     _ィf示アヽ!   | ├─┐
          |     イィfてカ     弋_zソ  リ   ム   ト、_ノ
          /  /lハ 弋_ソ            / /´}   !
.        / / / ハ       ,       // l )ノ   |
      / ′ /   ∧             ィ7厂   |
          |    ヘ、    ´`      /  | | |
          |   / ノ> 、    _ イト、  /  / |
          |   |⌒|   ≧ て   / |⌒| ./  j
                               ヽ: : ::/: : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : |: : : ;ヘ: : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : :,.. .イ
                                |: : |: : : : : : : : : |: : |: : : : : : : : : :/|: : :/ \: : : : : : : : : : : :`ヽ、≦: : : |
                                }: : |: : : : : : : : : ヽ: ト、: : : : : : :,`┼:┼-'  `ヽ: : : : : : : : __ ,. -': : :イ
                                 }:ゝ: : : : : : : : : ハ:{/ : : : : : : ! |: /     }: : :ー-、: |: : _,.- '":ノ
                                 /: : : : : : : : : : // --、 : : : ,'  |/    _,. ,' : : :ト、: : :}: : : : : :,.ィ:}
                                ,.イ : : : : : イ 〈    ' ,: : : :/  /=┬≠ヤ/ : : : ! ! : / 了:イ: : :ノ
                                 /: : : : :/: :! : ヽ 〒≠テヽ:/     弋: :ソ,' : : : : |ノ:/  ヽ: : イ
                                 /: : ,.イミ=:/: : : :ハ ` 弋:ソ ,        |: : : : リK      _ノ〉
                                    `ー !: : : : | }             U |: : : : /,! ヽ}    }: : :人
                                     〈: |: : : : | ヽ、             イ: : : /|_ ノ     ̄  }}
                                        {!: : : : !   ヽ、    r‐'ゝ  / ヽ::/: |::: :}l     `ー'
                                      \: : :|     >   _ .イ    /  |/: !
                                        ゝ───┬─r-v、:: : }   _ ,.-'": : :::\

         \: :/: : : /: : / : : : :l: : : : : :|: : :ヾ: :|
          |:V: : : /: : :/l : : : :|: : |: : : |: :|: :l: :|
          |: :`,_: ||,_: tH: : : :l_|: : |: : : |: :|: :l: |
          |l: : : T  "__`'-,:_| |': :|: /: l: : レ: : l
          ハ: : : l `'==-   ,'-:.,|/: :l:_,.:l: : :/
         ハ: : :λ   .  `==-'l`'= /: : : l
         /ハ: : :| `' .,_ `   _,.ノ: : :/: : : : l
        /:l: :ハ: : l ,-. >;-=T": : l: : /: : : : |
        /: |: : ハ: Y lヽ ,  _ `'v|: : :|: : : : :|

708 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:21:46 ID:jCjdYiIY






         ┌───────────────────┐
         │   #05 5人の騎士と5人の姫君 前編 了  │
         └───────────────────┘





.

711 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 22:23:34 ID:jCjdYiIY
以上で#05の投下を終了します。
内容が内容だけに投下する前から超緊張でした…
想像通りダディフルボッコですし。

次回投下は書き溜めが終わっていなくて…
10日から遠出でネット環境に無いので。
間に合えば9日、間に合わなければ18日頃の投下を予定とします。

閲覧ありがとうございました。
今回、誤字脱字多いorz
すみません。

747 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/09/04(土) 23:48:52 ID:jCjdYiIY
今日になってようやく、拙作の1レスあたりの文章量では
投下間隔30秒は厳しいだろうと気づいた>>1です。
たくさんの乙をありがとうございます。

童話風を意識して作った序章から、
権力闘争に一気にシフトしたので、
読者離れ起きるかなぁ…、と不安だったのですが大丈夫そうですね。
安心しました。

伏線に関しては…
結構、数話先程度の物から遠い所の物まで地味に置いたりしてるんですよね。
今後、話に書かないスルーされた伏線としては、
例えば才人王のフルネームは"才人・リリエンタール・ヒラガ・ロウダリア"で
梨花ちゃま、実は父ちゃんの名前をコボルトにつけてる、みたいな。
「リリエンタール=賢王の名前」「才人=賢王」で気づけという
あまりに分かり辛いのがあったりなかったり。

まぁ、こんな気づかなくても良いのは分かり辛いですが、
気づいて欲しい伏線は分かりやすく置いてるので、
あんましこれ伏線かも…? みたいに躊躇しないで
気楽にコメントしてください。
金貨についてとか関係ないのもたくさん混じってるので。

しかし話の中で伏線回収とか寒いにも程がありますね…
もうちょい分かりやすくしますorz


関連記事

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/06/22 15:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
最新記事
全記事表示リンク
検索フォーム
その他
Amazon


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ