自分の好きなやる夫のまとめ

   自分の気に入りのスレをまとめるブログです
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャロの設定講座 その4

363 名前: ◆rG7rDhiHxM[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 19:00:18 ID:b0L/A0vM
           / = = = - - -          〈 ̄ヽ|/ ̄〉
              「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉⊂[]⊃(
       ____|___________ 人_八_〉____
.     / = = - -  _________________\
  /  /三⊇__/.:| : : |:.:/|: :|: :| |:.|: : |: :| :| : : | : :| = = -     ノ
  `ー/   /丁´|: | : | : : |;ィチ示ミ| |/ィチ示㍉ : : | : :|____/
.   /   丿ノ ̄|: | : | : :《 |o℃|     |o℃| 》: : | : :|
   l    ィ′  V\| : : | ヒ.nノ    ヒ.nノ/ : : | : :|
   |    l      /| : : | :::::::::   '  :::::::: |: l : :| : :|     キャロの…始まる前のーーー!
   |    |    /.:.| : : lゝ、  ヽ フ     レ': : :| : :ヽ
   |    l     〈/| | : : |: : >. 、 __ . イ: :| : : :|: :|:|    設定講座!!
   |    l       レ|人_|/:/: : :|     |: : : :|人|ノV∨
   |    |_,r―~个'::/:/: :/´      ヽ: | : ト-.、
   l   ├-、\ 丶 |::: レ{ : :| -、    _ |: | : |:::::::\
   |     .|:::::|   \::::\|        レ'l/::::::::/\
   ヽ、___|:::::|、    \::|,、,、,、,、,、,、,、,、,|::::::::/     \
      ∥ /::::/  ,    //i丕丕丕丕丕|::/´         |
.     |し':::::/  /   //         | |    l     ヽ
.     ` ̄ ̄ ̄/   //             | |    |       |



.         /   /  /\____j/\ \ \
.       /   /   ./: : : :'´: : : : : ノ : 、:\ \ ヽ
      / /'! |    /: : :/: : : : : : : : : : : ヽ: : ',  ヽ}
       |∠__|│ /:/: : :/: : /:/: : : ヽ:\:.|: .:.:ト 、/
       | / ̄ ./: : l: : 斗‐:/7:/|: :ハ: .j十ト|: リ !: : \
      ∨  /: : : |: : : |xイfう外/  Vィぅkハ/:│: :jV    今日は下界の文明と滅亡についてです
         \_/: : x=l: : : ハ{///j    {//jハj:..:.ト : :!
.         //: : /⌒|: : :│弋zソ    ヒzリ /: :│∨
      /::/: : ∧  |: : :│       '    {: :.:.:|
.     /:ノイ : : : : ー|: : :│    ー ‐   人_j__________
       \/|: :l: : : : :|: : : | 、       </\______________\
        ∨|: :l: : :j:l : : !_>‐-r≦ /  /\____________\
         ∨\:从: : :\|lー イjj /  /   ' \____________\
        /  ̄ ∨ \ヽ厶__jリ|\/     ///////////////////////∧
       /      /   } }_|: /\    //////////////////////////∧
        ん-―――〈     / ̄l| |│  \_/////////////////////////////∧
       /         ∨   /  リ |│    |///////////////////////////////∧

364 名前: ◆rG7rDhiHxM[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 19:00:56 ID:b0L/A0vM
    /    /               \
 .  /    /     / /  ./ .∧.   ハ
   /    /    / ム-‐/-、/.__|  |  }
   |      |    レ' .x==ェ、/ __lヽ | /\
   |      |    | 〃トイ }.  fTl. /レ'ヽ. }
   |.     /|    l {l 弋ソ   |リレ  |. ∨    コクーンの文明レベルは
   l.     { |    |  `¨   , ´.|   |       大空を飛び回る巨大な人型兵器や
 _ノ    `|    |.     。 ノ   |       触れることの出来る立体映像など
  ̄| ./    \    |\      /   /       現代の文明を凌駕しています
   V|     ヽ.  |-、 ` ァ一' |.  /
  /レ'´\   |\| |¨7.〉  |  /         一方で、滅亡してしまった下界は
 ./ x-‐─‐\  l    | {/\  レ'          どの程度の文明だったのでしょうか?
 ∨        \|.| ̄`Y¨Y´|\
  {        人___人人ノ  }



    lヽ       ,‐、        /`!
    i:. ヽ   ,. -‐'i ::l:.‐- 、   ,' .:!
    ,.'´ i'  ,.-'   l ::| ::. .:ヽ  `, `i
    !  l  l::.  .:. | ::| ,.:::'´ .::ゝ、ノ  ::l
    ヽ:.  ヽ.:::.  :: .:| ::|.: ::. .::: ,.'´ .:.ノ      『結論から言うと中世ファンタジー…でしょう』
    ヽ、_,.ゝ.:'.:  :: | ::| :: ::.. ヽ、,.-´
   _,..---ゝ ヽ;:._.:: ! .::l .:_:..r'´゙ヾi---、..__     『空を飛ぶ飛空艇こそあるものの重い鉄鎧を着て
  `゙''‐---,' |ヽ、_`ヽ' __,. '| :..!--‐"´      剣や槍、弓で戦うのが下界の戦争です』
    ,'"´! i:::...ヽ、  ヾ_,.'   ,.´..::: !-、
   ,':.  l:::',::::.  ヽ、   ,.-'´...:: ,':| ::!        『一方でコクーンは、黙示戦争当時から
-‐ 、 !::.  l:::.ヽ:. ::   `i l :::.. ::::.: /::l  ::!__       機動兵器を有していましたので
ヽ、 ヽ:::.. ヾ:::..ヽ、.:   | ! .:: ::: ,.:'::, ' ..:: | ヽ      ガンダムVS中世騎士団な状態だったと思います』
  ゝ ヽ、::.. ヽ::::..ヽ、 | ! :..:/:,.-、_ :::::.ヽ、
 ' /`、 ヽ、/´ ̄`ヽ、.! !,.:'::/.:  ヽ ::. |
  ゝ./ヽ l:::..     :::::ヽ::::::,.'::..  ..::::::. ヽ l

365 名前: ◆rG7rDhiHxM[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 19:01:35 ID:b0L/A0vM
         /,イ  ̄ ̄ ̄ }) ̄ ̄ヽ
        / /  /\  / ,へ、  \
          / /  /. . . . ー''―'. . . .ヽ、 ヽ
       l /  / . . /. . . . . . . .ヽ. . ヾヽ ',
       ||  ,'. .. ./i. .i .| ,ヘ. . . .l. . . lヾゝ|     ビームライフルやミサイルを使うコクーンから見たら
       l」  |: . : .!フニ!ミi;/ !ァ;ニ_}. . . |: ::| l     チョコボや馬にまたがり、突撃をしてくる
       ヽ  |. . : <ト'  !`  'ト' .!〉. . |:.i:.|ノ     重騎士達は恐ろしくも滑稽見えたと思います
          \l. . . .lゝ- '  ,  `-'j , , レり
             ∧. . lu"  r‐ァ  "イ//人       なぜ、このように技術格差が生まれてしまったのでしょうか?
         /l: :ヽト、>、 __ ,イ/ノイ::}、〉
             レVV': :゛:|ー┐┌|: : }リV
           r‐'´\: :|\ 二ノvV⌒)ー、
         /`ー--_リ'⌒7rjヘi⌒ヽ/ _)
         / ̄ ̄ ̄\__/´ ○〉 V  ̄  |
         ,'    \ くr┴'⌒::V´\.   |




           , -===- 、
        {7/^ー^ヘ 7
        ∨ifノハヽiY        それはずばり…ファルシの考え方の違いです
         ルl| ゚ヮ゚ノlル        コクーンのファルシは人間の世話を焼くのが大好き
         /,_j光厂})        下界のファルシは人間を自由にさせるのが大好き
           / ヒ/j_jムハ        この辺がコクーンと下界のテクノロジーに差を作ったのでしょう
        レ~'じうー、j

366 名前: ◆rG7rDhiHxM[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 19:02:13 ID:b0L/A0vM
    /    /               \
 .  /    /     / /  ./ .∧.   ハ
   /    /    / ム-‐/-、/.__|  |  }
   |      |    レ' .x==ェ、/ __lヽ | /\
   |      |    | 〃トイ }.  fTl. /レ'ヽ. }    下界にも機械はありますが、こちらは蒸気と魔導で
   |.     /|    l {l 弋ソ   |リレ  |. ∨     稼動しています
   l.     { |    |  `¨   , ´.|   |
 _ノ    `|    |.     。 ノ   |        主に坑道採掘や森林伐採などに使われていたので
  ̄| ./    \    |\      /   /        コクーンの機械ほど機動性も無く、火力も無いです
   V|     ヽ.  |-、 ` ァ一' |.  /
  /レ'´\   |\| |¨7.〉  |  /          馬力だけは段違いですが…
 ./ x-‐─‐\  l    | {/\  レ'
 ∨        \|.| ̄`Y¨Y´|\



       _//> ´ ̄      ̄  ̄ ̄¨ヽ、    `Y´
     /\//        \       ',
    /| fV/          ノ\.      |  _!_
   / |_∨  /  /  /   /  ヽ. ! |  | |   !
   | /    |  /,.⊥L  /  r十|ト!、|  ! |  :       『さて、下界は黙示戦争終結後
   |{     !ィ爪 ∨\  !  _」_// / 人リ   ;       国家間の戦争が始まります』
   !ヘ ヽ  ヽ| V,ィ≠ト ヽ !  {f イ|∨/  \   +
   | \| \__∨|{__,イ}.    弋rリ イ     ヽ   :     『涼子さんのラグナロクの力に魅入られた指導者達が
   /   !  \弋_rり      ̄::: {     } |   ;     ルシの力なら広大な下界を支配できると勘違いしたのでしょう
  / ,   {     \:::::     `   人.   //|.|  _!_     11章part2からも分かるように見事に自滅していきます』
  |/| | ハ     ヽ   r _ア  , イ   // リ   i
  |! | ト、 ト、     > 、 _ ィi |   /!/          『ルシとその召喚獣同士による戦争は熾烈を究め、
    \! メ::::\!\  }ー-rく{ } |   |-- 、__           わずか数年で全ての国家は滅亡しました』
       ̄ >ー-へ |_::| |:: :||:::!\从::::::::::::ヽ
  人    /::::::::::::::::::∨:::r----r‐rr‐<_::::ヽ::::::::\   人
 `Y´ /:::::::::::::::::::::::::::::::rニニ /.// / ハ:::!::::\:::::∧  `Y´
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽこ/ノ _____ ! | :::::::::::::::::::::!
    |:::::::::::::::::::::!:::::::::::::::/::|‐彳 ―、}./\:::::::::::::::::::|

367 名前: ◆rG7rDhiHxM[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 19:02:51 ID:b0L/A0vM
              「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉⊂[]⊃(
       ____|___________ 人_八_〉____
.     / = = - -  _________________\
  /  /三⊇__/.:| : : |:.:/|: :|: :| |:.|: : |: :| :| : : | : :| = = -     ノ
  `ー/   /丁´|: | : | : : |;ィチ示ミ| |/ィチ示㍉ : : | : :|____/
.   /   丿ノ ̄|: | : | : :《 |o℃|     |o℃| 》: : | : :|
   l    ィ′  V\| : : | ヒ.nノ    ヒ.nノ/ : : | : :|
   |    l      /| : : | :::::::::   '  :::::::: |: l : :| : :|       その隙にコクーンは下界の大地を引き上げ
   |    |    /.:.| : : lゝ、  ヽ フ     レ': : :| : :ヽ       エデンの導きのもとに積極的に下界の魔導を
   |    l     〈/| | : : |: : >. 、 __ . イ: :| : : :|: :|:|      技術に取り入れます
   |    l       レ|人_|/:/: : :|     |: : : :|人|ノV∨
   |    |_,r―~个'::/:/: :/´      ヽ: | : ト-.、         このとき、コクーンに取り込まれたのが遺跡と
   l   ├-、\ 丶 |::: レ{ : :| -、    _ |: | : |:::::::\        ファルシアニマ…そして、涼子さんとみくるさんの
   |     .|:::::|   \::::\|        レ'l/::::::::/\       クリスタルです
   ヽ、___|:::::|、    \::|,、,、,、,、,、,、,、,、,|::::::::/     \
      ∥ /::::/  ,    //i丕丕丕丕丕|::/´         |



  イ :    \ `   、      ヽ
〃 :.:       ヽ   \ \  .:.
: :/: :  :  ハ :.  ヾ:      ヽ  .:.
:〃: :./.:  .:.|: :.  ハ:ヽ\: . ヽ .:. i :.i       『国家戦争後、人口の減りすぎた下界では
'/ : : | : .: :i|:.:.i  l: :ト、 ヽ   i: :.iハ:!        魔獣を狩るためにルシの力を利用し始めました』
: : : i | : .: :.小:.l   ハ l厶斗:. :.|: :.|  }:.
: :i:.:|ハ: :._/リ !|: .' ノ′ }:ハ: :|:.:.:!ヽ }       『通常、魔物やシ骸だけを狩る使命なら
: :|斗七/   |: / ,ィf笊ミy|: ハ: ;. { {        シ骸になるまでの期間は2ヶ月から1年前後でしょうか…』
: :|'..レf示ミ、  | '  八rf:j:} 从ハ/  〔 :.
: :|《ハr':f:j::}  /'    ゞ゚ ' イ乂   ヘ ヽ      『ルシ同士は共闘しないので、強い魔物に捕食されたり
小   う::ソ     ,    | i ト、   ヾ; i      シ骸になったりで…滅亡を迎えます』
:.i: :.             小:ト:\ イ ;
: : :.ヘ          ' ‘   イ:.:|ハ!   〔 /
: : i:小. .        个ヘ: |: \ f.:/
ハ:从ハ!   `   ァ―.´:.:.!:.:.:`}:   〉 /
:.:.:≧x      ハ:. :.:\:.:.:.:.:.:  /乂
ハ.:.:.:.:.:..`ーx   ヽ:.: :.:ヽ:.:.:.:  /:  ヽ
八:.:.:.:.i    i   _:. :. :. Ⅵ.:. / i:   Y
:.:.:ヽ:.:.ヽ  i |. : ´:.: :.:ハ:. :. Ⅳ / |   :ハ

368 名前: ◆rG7rDhiHxM[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 19:03:29 ID:b0L/A0vM
.         /   /  /\____j/\ \ \
.       /   /   ./: : : :'´: : : : : ノ : 、:\ \ ヽ      なお、この設定は
      / /'! |    /: : :/: : : : : : : : : : : ヽ: : ',  ヽ}      やる夫のファイナルファンタジー13だけの設定です
       |∠__|│ /:/: : :/: : /:/: : : ヽ:\:.|: .:.:ト 、/
       | / ̄ ./: : l: : 斗‐:/7:/|: :ハ: .j十ト|: リ !: : \      ゲーム本編のほうは下界の飛空艇も戦闘機ですし
      ∨  /: : : |: : : |xイfう外/  Vィぅkハ/:│: :jV      信号機や線路があったりと現代文明に近いと思います
         \_/: : x=l: : : ハ{///j    {//jハj:..:.ト : :!
.         //: : /⌒|: : :│弋zソ    ヒzリ /: :│∨      それでは、本編が始まりますので、今回はこの辺で…
      /::/: : ∧  |: : :│       '    {: :.:.:|
.     /:ノイ : : : : ー|: : :│    ー ‐   人_j__________
       \/|: :l: : : : :|: : : | 、       </\______________\
        ∨|: :l: : :j:l : : !_>‐-r≦ /  /\____________\
         ∨\:从: : :\|lー イjj /  /   ' \____________\
        /  ̄ ∨ \ヽ厶__jリ|\/     ///////////////////////∧
       /      /   } }_|: /\    //////////////////////////∧
        ん-―――〈     / ̄l| |│  \_/////////////////////////////∧
       /         ∨   /  リ |│    |///////////////////////////////∧

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
最新記事
全記事表示リンク
検索フォーム
その他
Amazon


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ